【口コミ本当?】真空パックんプラスの使い方やプレミアムとの違いをご紹介!

電化製品

今回は、口コミで抜群の人気を誇っている「真空パックん」をご紹介していきます。

中でも関連してよく調べられているのが、、、

  • 真空パックんのプレミアムとノーマルの違い
  • 真空パックんの口コミ評価
  • 真空パックんのロール
  • 真空パックんのキャニスター
  • 真空パックんの最安値

などなど、、、真空パックんを購入する上で気になるポイントを今回は全てご紹介していきますので、気になる方は是非参考にしてみて下さい!

 

 

真空パックんとは

シリーズ累計販売台数が80,000台を突破した、業界最強クラスの脱気力を誇る「真空パックんplus」。

基本セットとして、下記内容が入っています。

  • 本体(40.1㎝×19cm×9.2cm)
  • 専用ロール大(28cm×3m)×1本
  • 専用ロール小(20cm×3m)×1本
  • キャニスター大×1個
  • 専用キャニスターホース×2個
  • ボトルストッパー×1個

ただ何といってもその脱気力は、350mlのアルミ缶もこんな形になるほど、、、

業界最強クラスは頷けますね、、、

こんな脱気力だと食材がぐちゃぐちゃになるんじゃ、、、

もちろん、脱気圧力は選べます(笑)

選択ボタンとしては、ノーマルとソフトがあり、食材に合わせて選ぶ事が出来るので安心です(笑)

とは言っても、潰れやすいフルーツや型崩れしやすいチーズ、パンなどは恐らくノーマルボタンでも潰れてしまいそうです。

ただ、、、真空パックんは付属で「キャニスター」が付いているので、潰れやすいフルーツやパン、チーズだけでなく、スープなどの液体も真空保存する事が可能です。

イメージは下のような感じですね。

そして最後に他の真空パック器にない機能として、浸透圧を利用し、少ない調味料で味を染み込みやすくする「マリネ機能」が付いています。

これがまた非常に便利で、操作自体は約6分と簡単なのですが、その実際の効果のほどは、、、

抜群の効果を発揮しているので「ただのサブ機能」ではなく、クオリティも申し分ないレベルなのが凄いところですね(笑)

 

真空パックんのプレミアムとの違いは?

真空パックんには「上位互換」の「真空パックんプレミアム」が存在していますが、いったい何が違うのか?

簡単にまとめると、、、

機能\機種 真空パックんプラス 真空パックんプレミアム
価格 12,800円 15,800円
本体サイズ 40.1㎝×19㎝×9.2㎝ 40㎝×19.4㎝×11㎝
脱気力 -84.6kPa -89.9kPa
密閉時のシール線 1本 2本
蓋の閉め方 上から手で押さえる ハンドルを下げる
手動での脱気 不可

要点としては、、、

  • 差額3,000円
  • 脱気力が強い
  • 密閉率が高い
  • 手動脱気で微調整が出来る

特に手動脱気は、形の崩れやすい物を真空パックにする際に効果的で、形をなるべく崩さず出来るのは結構便利です。

 

ちなみにAmazonの口コミは、、、

様々な口コミを見る限り、内容として被りが多かったのが、、、

  • 脱気力が良好
  • ロック時に力がいる

上記二点でした。

ロック時とは、真空パック器に袋をかませる際の動作だと思いますが、その時に「力がいる!!」

との声を挙げている人がいましたが、同時に「脱気力」という、機能面を高評価している人も多く、真空パック器に一番求められる部分は満足しているので、総じて評価が高いのかもしれませんね。

ちなみに、上記で上げたポイント以外にも、「電子レンジOK」「湯銭OK」「冷凍OK」などなど、家事に役立つ機能を備えているので、もう少し詳しく見てみたい方は公式サイトで見てみて下さい!

 

真空パックんの使い方

公式サイトにて使い方動画が載っていたので、実際にどんな風に使うのか気になる方は是非!

 

 

真空パックんの袋は代用できる?

基本的には出来ません、、、

真空パックんもそうですが、殆どの真空パック器は、袋の内側をエンボス加工したものを使っているので、密閉率が上がり~という仕組みなので、やはり推奨の物を使いのが一番なのですが、、、

まさかのYoutubeで、百均で買った「排水溝用の水切りネット」と「ナイロンポリ袋」で代用している猛者がいました(笑)

あくまでも「お高い食材」は、専用ロールで真空パックにするのですが、普通の食材に使っているようで、、、コスパ抜群ですね(笑)

動画はこんな感じです!

基本このやり方でしながら、お高い商品だけ専用ロール、、、がベストかもしれませんね(笑)

 

真空パックんの最安値は?

真空パックんプラスの基本セットは、先ほどご紹介しましたがこちらです。

  • 本体(40.1㎝×19cm×9.2cm)
  • 専用ロール大(28cm×3m)×1本
  • 専用ロール小(20cm×3m)×1本
  • キャニスター大×1個
  • 専用キャニスターホース×2個
  • ボトルストッパー×1個

ですがショッピングサイトによっては、シンプルセットというタイプの場合もあり、内容は、、、

  • 本体(40.1㎝×19cm×9.2cm)
  • 専用ロール大(28cm×3m)×1本
  • 専用ロール小(20cm×3m)×1本

キャニスターと、ホース、ボトルストッパーが付くかつかないかですね。

商品クオリティは高いので、仮に買うならなるべく安く買いたい、、、!

扱っているサイトをすべて見てみると、、、

項目\ショップ Amazon 楽天 Yahooショッピング 公式サイト
シンプルセット 11,800円(税込) 11,800円(税込) なし 9,800円(税込)
基本セット なし 12,980円(税込) 12,980円(税込) 12,980円(税込)
プレミアム 15,800円(税込) 15,800円(税込) 15,800円(税込) 15,800円(税込)

大手通販サイトを見比べてみましたが、特に値段の変化はなかったですね、、、

強いて言うならシンプルセットの場合、公式サイトが一番安いです。

後は、基本セットを購入する場合、送料無料は当然の事、、、

  • 専用のカット袋が大小で10枚
  • 開栓後のワインやオイルの参加を防ぐ「ボトルストッパー×2個」

が、無料で付いてくるので、特にこだわりなければ、シンプルセットでも基本セットでも公式サイトでの購入が最安値だと言えますね!

 

まとめ

今回は話題の真空パックんをご紹介しましたが、どうだったでしょうか!

非常にクオリティの高い商品ですので、気になる方は是非!