【比較】基本料金0円の電力会社5選!どこが一番いいか調べてみたら…

特集

2016年4月1日からはじまった電力自由化により、多くの会社が参入し料金プランも様々な種類から選べるようになりました。

基本料金0円の電気とはどのようなものなのか、おすすめの電力会社を含めご紹介していきます!

まずそれぞれの会社の特徴を解説していきますが、結論から言うと…

電力会社特徴
ONEでんき北海道で電気使用量が多いご家庭、東北、関西は最安になります。(※新電力からの乗り換えの場合料金が変わる可能性有り)口座振替も出来るのでクレジットカード払いをしたくないという方もおすすめです。
0円でんきプランは電気使用量により選べますが、どちらのプランも他社と比較し料金が安くはありません。口座振替を希望の方でかつ北陸地方のみ最安になります。
サステナブルでんきプランが一番細分化されており使用量による料金の幅があるものの北陸、中部、関東、中国、四国、九州の6地域で最安です。低圧電力の場合も基本料金はかかりますが、契約出来るのでおすすめです。
【Looopでんき】沖縄のみ最安で、他の地域では料金面で比較しても安くはありません。こちらは唯一ガスとのセット割引や太陽光発電システムの割引が適用されるので、他のライフラインとの割引を適用させたい方はおすすめです。アプリも使えるのでこまめに電気料金を確認したいという方はこちらを選びましょう。
どこよりも電気単身世帯しか基本料金0円がなく全体の料金が他社と比較し安くはありません。契約の縛りもあるので、ネットと電気の会社をまとめたい方、コンビニ払いをしたいという方にのみおすすめです。

その上で、エリアごとのおすすめ電力会社はこちら!

エリアおすすめ電力会社理由
北海道サステナブルでんき使用する電気量により料金が細分化されていて、一部の使用量を除き最も安いため。平均的な料金が他社と比べてお得なため。
東北ONEでんき電気使用量による料金設定の幅が広い東北地方で、一律料金でどんなに使用しても料金が変わらず利用出来るため。
関西ONEでんき季節による電気使用量の差が他の地域に比べ少ない関西で、一律の電気料金が他社と比べて安くなるので。
北陸、中部、関東、中国、四国、九州サステナブルでんき6地域ともに電気使用量に関わらず料金が最も安いため。
沖縄サステナブルでんき沖縄で基本料金0円のサービスを提供している会社が少ない中で、Looopでんきは契約出来最も安いため。

それではそれぞれを詳しく解説していきますので、気になる方は是非!

 

目次

基本料金0円の電力会社ってどういう事?

 

結局高くなるんじゃないの?基本料金0円の電気会社のデメリット

 

0円電気の口コミや評判は?SNSの評判は…

 

基本料金0円の電気会社5選

 

こんなサービス知ってる?

 

 

基本料金0円の電力会社ってどういう事?

そもそも電気料金ってどのように決まっているの?

電気料金は使用量によって変わるというのはご存じの方も多いかと思いますが、実際にどのような仕組みで決まっているのかわからないという人がほとんどではないでしょうか。

一般的な料金の仕組みも踏まえ基本料金0円の電力会社がどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

 

一般的な電気料金の内訳について

一般的な料金の内訳は「最低料金」または「基本料金」+「電力量料金単価×電気使用量」+「燃料費調整額」+「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の合計額となっています。

  • 「燃料費調整額」・・・燃料価格、為替レートの変動による影響を考慮し、毎月の電気料金が平均的になるように調整される金額の事。
  • 「再生可能エネルギー発電促進賦課金」・・・再生可能エネルギーの買い取りにかかる費用を電力の利用者が負担するために設定された料金の事。

 

基本料金(最低料金)とはどんなものなの?

基本料金と最低料金については、電力会社により呼び名が違いますが、どちらもほぼ同じ意味で使われています。

電気料金は契約しているアンペア数(ブレーカーの容量)やプランによって変わりますが、使用電力量に関係なく発生する最低料金の事を基本料金と言い、契約アンペア数が大きくなるほど基本料金も高くなります。

電力会社によってはアンペア制ではなく最低料金制をとっているところもあり、アンペア数に関係なく最低料金が設定され、一定の量を超えると使用電力量料金として加算されます。

 

基本料金0円の電気プランとは?

上記が一般的な電気料金の仕組みですが、こうした基本料金(最低料金)が0円のプランなんて存在するの?と思われた方、、、

実は電力自由化に伴い、多くの会社が競合している中で新料金のプランがたくさん提供されるようになりました!

メリットデメリットを解説していきますのでより自分に合ったプランを選ぶようにしましょう!

 

 

結局高くなるんじゃないの?基本料金0円の電気会社のデメリット

基本料金0円の新電力のデメリットは大きく3点

従来の電力プランの場合、初めの120kWhまでの料金設定が安い電力会社が多いので、基本料金0円の新電力では定額の従量料金が割高になる可能性があります。

0円でんきと東京電力の場合を例に挙げてみましょう。

ほぼ電気を使わない一人暮らしの契約アンペアを20Aで計算すると、一月の電力使用量が70~100kWhまでの人は、0円でんきにする方が電気代が割高になります。
※家電製品の待機電力、夕方以降の照明、スマホの充電器、エアコン稼働を含む一般的な使用目安を加味した計算をしています。

休みの日でも日中は照明をつけない、PCやテレビゲームをあまり使わないという方は地域電力会社の方が良さそうですね。

 

水道光熱費の一本化が出来ない

水道も電気もガスもまとめて管理したい、お得に利用したいという方、実際にそうしてるよという方も多いのではないでしょうか?

基本料金0円のプランはあくまで電気料金を安くするためのプランなので、水道やガス等のほかのライフラインとのセットプランがありません。

光熱費の請求をまとめたい、セットでお得に契約したいという人には向いていないですね。

 

③支払い方法が限定されている

クレジットカード払いであればポイントが貯まるので逆に嬉しいという方には関係の無いですが、、、

新規契約をクレジットカード払いのみに設定している会社が多いのでクレジットカードを持っていない、電気料金の支払いでカードを使いたくない人はそもそも契約が出来ないという問題があります。

以上の3点が主なデメリットです。ここはどうしても外せないという方は基本料金(最低料金)ありのプランを選ぶようにしましょう。

 

0円電気の口コミや評判は?SNSの評判は…

Twitter

 

インスタ

 

Facebook

 

基本料金0円の電気会社5選

ONEでんき



サービスの提供会社株式会社グランデータ
所在地東京都豊島区南池袋二丁目9番9号
提供エリア沖縄県・一部離島を除く全国

 

ONEでんきの料金プラン

フリープランのみで電気使用量に関わらず料金が一律です。電力量料金(1kWhあたり)

電気料金プランを見る
北海道電力29.5円
東北電力26.4円
東京電力26.4円
中部電力26.4円
北陸電力21.3円
関西電力22.4円
中国電力24.4円

 

ONEでんきの特徴

  • 支払方法はクレジットカードと口座振替が選べる
  • 初期費用、解約手数料、基本料金が全て0円
  • 工事の立ち会い不要で簡単に契約が出来る

※スマートメーターが設置されていない場合は、一般送配電事業者による設置作業が必要

 

ONEでんきのデメリット

  • 新電力を利用している方は料金が割増になる可能性がある
  • フリープランのみなのでプランが選べない

 

ONEでんきの総評は?

まだ新電力を利用していない、かつ北海道で電気使用量が多い家庭には最安になります。

口座振替も出来るのでクレジットカード払いをしたくないという方も地域によってはおすすめです。

 

0円でんき



サービスの提供会社株式会社オカモト
所在地北海道帯広市東4条南10丁目2番地
提供エリア東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力エリア
※北海道電力、東北電力、沖縄電力は対象外

 

ONEでんきの料金プラン

料金プランは2つあるので、使う電力量によって選ぶことができます。

電気料金プランを見る
ファミリー向けプラン(従量電灯Bプラン)
東京電力26.3円
中部電力26.3円
北陸電力21.2円
関西電力22.3円
中国電力24.3円
四国電力24.3円
九州電力23.3円
事務所・飲食店向けプラン(従量電灯Cプラン)
東京電力27.4円
中部電力27.4円
北陸電力22.3円
関西電力23.3円
中国電力25.3円
四国電力25.3円
九州電力24.3円

 

0円でんきの特徴

  • 支払方法はクレジットカードと口座振替が選べる
  • ファミリー向けと事務所向け(電気を多く使うご家庭)のプランが選べる

 

0円でんきのデメリット

  • 北海道、東北、沖縄の地域は契約出来ない
  • 低圧電力(動力)はサービス対象外で、オール電化の契約が不可

 

0円でんきの総評は?

他社と比較し料金が安くはないため、口座振替を希望の方でかつ北陸地方の方(電気使用量が少ない方はファミリープランに限る)のみ最安になるのでおすすめです。

 

サステナブルでんき



サービスの提供会社SustainableEnergy株式会社
所在地福岡県福岡市中央区大名2丁目2-1 MIKIビル5F
提供エリア沖縄県・一部離島を除く全国

 

サステナブルでんきの料金プラン

電気使用量によって細かくプランが分かれています。

電気料金プランを見る
従量電灯Aまたは従量電灯B(〜120kWh)
北海道電力28.0円
東北電力25.0円
東京電力24.0円
中部電力25.75円
北陸電力21.0円
関西電力21.5円
中国電力22.9円
四国電力24.0円
九州電力21.5円
従量電灯Aまたは従量電灯B(120kWh~280kWh)
北海道電力28.0円
東北電力24.8円
東京電力24.0円
中部電力25.0円
北陸電力20.0円
関西電力20.5円
中国電力21.0円
四国電力22.0円
九州電力21.5円
従量電灯Aまたは従量電灯B(281kWh~)
北海道電力24.0円
東北電力24.0円
東京電力24.0円
中部電力23.0円
北陸電力19.0円
関西電力18.5円
中国電力20.0円
四国電力22.0円
九州電力21.5円
従量電灯Bまたは従量電灯C(〜120kWh)
北海道電力31.0円
東北電力28.0円
東京電力24.5円
中部電力24.75円
北陸電力21.0円
関西電力21.5円
中国電力22.8円
四国電力24.0円
九州電力20.5円
従量電灯Bまたは従量電灯C(120kWh~280kWh)
北海道電力31.0円
東北電力27.8円
東京電力24.5円
中部電力24.75円
北陸電力20.0円
関西電力21.5円
中国電力22.8円
四国電力22.0円
九州電力20.5円
従量電灯Bまたは従量電灯C(281kWh~)
北海道電力27.25円
東北電力22.0円
東京電力24.5円
中部電力24.75円
北陸電力19.0円
関西電力21.5円
中国電力22.8円
四国電力22.0円
九州電力20.5円
低圧電力(夏季)
北海道電力17.67円/基本料金1132.56円
東北電力15.95円/基本料金1075.25円
東京電力17.37円/基本料金1044.58円
中部電力17.01円/基本料金910.0円
北陸電力21.2円/基本料金932.8円
関西電力14.43円/基本料金862.4円
中国電力15.01円/基本料金888.8円
四国電力15.8円/基本料金893.2円
九州電力17.12円/基本料金765.0円
低圧電力(その他)
北海道電力17.67円/基本料金1132.56円
東北電力14.5円/基本料金1075.25円
東京電力15.80円/基本料金1044.58円
中部電力17.01円/基本料金910.0円
北陸電力21.2円/基本料金932.8円
関西電力12.95円/基本料金862.4円
中国電力13.72円/基本料金888.8円
四国電力14.36円/基本料金893.2円
九州電力15.43円/基本料金765.0円

 

サステナブルでんきの特徴

  • 支払方法はクレジットカードのみ
  • 契約プランが細かく分かれており、基本料金はかかるが低圧電力の方でも契約が出来る

 

サステナブルでんきのデメリット

  • 地域、電気使用量によって金額が異なるため、該当するプランがわかりにくい
  • オール電化は契約不可
  • 最低利用期間が決まっている(1年)

 

サステナブルでんきの総評は?

プランが一番細分化されており使用量による料金の幅があるものの、他の地域と比べて平均的な料金がお得です。

低圧電力の場合も基本料金はかかりますが契約も出来るのでおすすめです。

 

Looopでんき



サービスの提供会社株式会社Looop(ループ)
所在地東京都台東区上野3丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階
提供エリア北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄※離島を除く

 

Looopでんきの料金プラン

電気料金プランを見る
おうちプラン
北海道電力29.5円
東北電力26.4円
東京電力26.4円
中部電力26.4円
北陸電力21.3円
関西電力22.4円
中国電力24.4円
四国電力24.4円
九州電力23.4円
沖縄電力
27.0円
ビジネスプラン※各地域の従量電灯Bまたは従量電灯Cの電気使用量が多いご家庭
北海道電力31.5円
東北電力27.5円
東京電力27.5円
中部電力27.5円
北陸電力22.4円
関西電力23.4円
中国電力25.4円
四国電力25.4円
九州電力24.4円
沖縄電力
契約容量または、最大需要容量が50kW未満のみのため無し

 

Looopでんきの特徴

  • 支払方法はクレジットカードのみ
  • アプリで1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等が簡単に確認できる。
  • ガスとのセットプランも利用できる(通常従量料金よりも0.4円下げた価格)

 

Looopでんきのデメリット

  • 電気使用量によってはビジネスプランの契約になるため割高になってしまう
  • ガス以外のセット割引もあるが、住宅用太陽光発電システムの購入等のハードルが高い

 

Looopでんきの総評は?

ガスとのセット割引や太陽光発電システムの割引が適用されるので他のライフラインとの割引を適用させたい方、アプリも使えるのでこまめに電気料金を確認したいという方にはおすすめです。

 

どこよりも電気



サービスの提供会社株式会社Wiz(ワイズ)
所在地東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
提供エリア全国エリアで対応

 

どこよりも電気の料金プラン

A~Cプランの3つから選べますが、基本料金0円のプランはCプランのみです。
※ファミリー向けのAとBは電気使用量によって選ぶことが出来るものの基本料金が150.8円~1946円/月と金額に振れ幅があります。

電気料金プランを見る
おうちプラン
北海道電力29.4円
東北電力26.3円
東京電力26.3円
中部電力26.3円
関西電力22.3円
中国電力24.3円
九州電力26.3円
従量電灯Cまたは従量電灯BB
北海道電力31.4円
東北電力27.4円
東京電力27.4円
中部電力27.4円
関西電力23.3円
中国電力25.3円
九州電力24.3円

 

どこよりも電気の特徴

  • 支払方法はクレジットカードもしくはコンビニ払いで契約提携時に決定
    (引き去りが出来ない等の場合、決済手数料200円がかかる)
  • 全国どこでも契約出来、電気使用量の多いファミリー向け、一般的な使用量のファミリー向け、単身世帯の3プランから選ぶ事が出来る
  • セット割引はないがインターネットの契約も出来るので、電気とネットを同じ会社にまとめたい場合におすすめ

 

どこよりも電気のデメリット

  • 基本料金0円が利用できるのは電気使用量の少ない単身世帯のみでファミリー向けではない
  • 最低利用期間が1年間で連絡をしないと自動更新されるので、契約の縛りがある

 

どこよりも電気の総評は?

単身世帯しか基本料金0円がなく全体の料金が他社と比較し安くはありません。

契約の縛りもあるので、ネットと電気の会社をまとめたい方、コンビニ払いをしたいという方にのみおすすめです。

 

一番お得なのは?

サービスごとの特徴

電力会社特徴
ONEでんき北海道で電気使用量が多いご家庭、東北、関西は最安になります。(※新電力からの乗り換えの場合料金が変わる可能性有り)口座振替も出来るのでクレジットカード払いをしたくないという方もおすすめです。
0円でんきプランは電気使用量により選べますが、どちらのプランも他社と比較し料金が安くはありません。口座振替を希望の方でかつ北陸地方のみ最安になります。
サステナブルでんきプランが一番細分化されており使用量による料金の幅があるものの北陸、中部、関東、中国、四国、九州の6地域で最安です。低圧電力の場合も基本料金はかかりますが、契約出来るのでおすすめです。
【Looopでんき】沖縄のみ最安で、他の地域では料金面で比較しても安くはありません。こちらは唯一ガスとのセット割引や太陽光発電システムの割引が適用されるので、他のライフラインとの割引を適用させたい方はおすすめです。アプリも使えるのでこまめに電気料金を確認したいという方はこちらを選びましょう。
どこよりも電気単身世帯しか基本料金0円がなく全体の料金が他社と比較し安くはありません。契約の縛りもあるので、ネットと電気の会社をまとめたい方、コンビニ払いをしたいという方にのみおすすめです。

 

エリアごとにおすすめの電力会社

エリアおすすめ電力会社理由
北海道サステナブルでんき使用する電気量により料金が細分化されていて、一部の使用量を除き最も安いため。平均的な料金が他社と比べてお得なため。
東北ONEでんき電気使用量による料金設定の幅が広い東北地方で、一律料金でどんなに使用しても料金が変わらず利用出来るため。
関西ONEでんき季節による電気使用量の差が他の地域に比べ少ない関西で、一律の電気料金が他社と比べて安くなるので。
北陸、中部、関東、中国、四国、九州サステナブルでんき6地域ともに電気使用量に関わらず料金が最も安いため。
沖縄サステナブルでんき沖縄で基本料金0円のサービスを提供している会社が少ない中で、Looopでんきは契約出来最も安いため。

地域によってもおすすめの電力会社は異なりますが、全国的にお得にご利用いただける電力会社はサステナブル電気という事がわかりました。

細かい条件は異なりますので、料金以外のこだわりポイントがある方については、条件を見比べながらプランを選ぶようにしましょう。

 

こんなサービス知ってる?

東京ガスの新電力サービス「もらえる電気」って?

サービスの提供会社東京ガス株式会社
所在地東京都港区海岸1-5-20
提供エリア北海道電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア

 

もらえる電気の料金プラン

月々の電気代に応じてAmazonギフト券が還元されるシステムです。

Amazonのアカウントを持っていればログインして検針票の画像をアップするだけ。

面倒な入力は一切不要で申し込みが可能です。

また、還元率は「月の電気料金」によって変わります。

使用料金還元率
5000円未満1%
5000~10000円未満3%
10000円以上1年目5%、2年5.5%、3年目以降6%

 

もらえる電気の特徴

  • 毎月の電気代に応じてAmazonギフト券が還元される。
  • 電気をたくさん使うほど翌年の還元率が高くなる。
  • 切替工事や電気機器の交換が不要で申し込みが出来る。

 

もらえる電気のデメリット

  • 電気メーター設置状況や現電力会社との契約状況により、現電力会社に対して違約金等が発生する場合があるので注意。
  • 提供エリアが限定されているので、住んでいる地域によってはそもそも申し込みが出来ない。

 

もらえる電気がおすすめな人

  • 北海道電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリアに住んでおり、Amazonで買い物をする人
  • 電気代が月10000円以上かかっている人
  • ガスを東京ガスで契約しており、電気もまとめたい人

電気使用量が多い方には使った分だけAmazonギフト券が貰えるというのはお得感がありますよね。

よくAmazonを使われるという方はぜひサービスを申し込んでみてください!

 

毎月の電気代をタダに?「家庭の蓄電池」って?



サービスの提供会社東京ガス株式会社
所在地東京都港区海岸1-5-20
提供エリア北海道電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア

 

家庭の蓄電池の特徴

震災などがあった際、停電への備えが重要になりますよね。

家庭の蓄電池は、自家発電と蓄電で災害に強い住宅を目指し、毎月の電気代も節約ができるというシステムです。

その特徴を詳しく見ていきましょう。

まずは蓄電池の見積もりをしてもらい、自分にあったものを購入
※PanasonicやSHARP等の様々なメーカーからおすすめのものが選べます

キャンペーンで太陽光発電パネルが貰え、蓄電池の設置も含め工事を行います
※工事費用も無料

電力会社をJapan電力に切り替える事で1年間電気代が無料に
※年間120,000円までの電気料金(再エネ賦課金を含む)

蓄電池の価格相場は約80〜200万円ほどと言われています。

通常数十万かかる工事は無料になりますが、本体の価格はピンからキリまでですので、まずは問い合わせをして相談してみましょう。

 

家庭の蓄電池のデメリット

  • 提供エリアが限定されている(埼玉県・静岡県・愛知県・三重県・岐阜県・滋賀県)
  • そもそも戸建てでないと利用が出来ない
  • 初期費用がかかる

 

家庭の蓄電池がおすすめな人

  • 電力の自給自足に貢献したい、停電時等の万が一のリスクに備えたいという人
  • 昼間の使用量ピーク時に貯めた電気を利用し電気料金を節約したいという人
  • 太陽光発電や蓄電池に興味がある人(キャンペーンで非常にお得にご利用いただけ今がチャンスです)

災害時の備えとしても使える家庭の蓄電池では、自家発電で買電を減らしていきたいという方にもおすすめです。

提供エリアで戸建てにお住まいの方は一度見積もりの問い合わせをしてみても良さそうですね。

 

まとめ

電気料金についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今よりも安くしたい、お得に利用したいという方は、この機会に電力会社を乗り換えてみてはいかがでしょうか?