【主婦必見】肉類の保存方法と料理研究家が勧める、旨味保持かつ時短の解凍方法も是非!

豆知識

毎日の食卓に欠かせない、元気の源「お肉」ですが、ついつい安売りの際に

買い溜めしてしまったはいい物の、使い切れずにゾンビ肉に…なんてならないように

今回は牛肉・鶏肉・豚肉や人気の部位などの適切な保存方法と

料理研究家が勧める、旨味保持かつ時短の解凍方法も紹介していきますので是非参考にしてください!

目次

肉類の保存方法

 

肉類の冷凍方法

 

肉類の解凍方法

 

料理研究家が勧める時短解凍方法

 

肉類の保存方法

毎日の食卓に「笑顔」を与えてくれる「お肉」ですが、そのがしっとした見た目と裏腹に

実は意外と、気弱なんです…

例えば、スーパーで売られている際に、タッパの中が赤い汁でいっぱいになっているのを見たことはありませんか?

あれは、お肉から出ている「ドリップ」と呼ばれる、旨味とかたんぱく質を含んだ水分なんですけど

冷えた冷蔵庫からいきなり外の暑い外気に触れたりすると、すごく出てきます。

旨味も含んだ水分なので、なるべく出さないに越したことはないので、家の冷蔵庫を

頻繁に開け閉めして温度変化を起こさないように、なるべくさっと取り出して

冷蔵庫内の温度を一定に保つようにしましょう!

また、お肉は空気に触れると酸化が進み、雑菌が付いたり、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

所謂…人間でいう所の「老化」ですね(笑)

なので、老化をなるべく遅くするために、お肉を買ってきた後は、使いやすい量に分け

サランラップで包んで、ジッパー付きの保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう!

お肉を保存する際のポイントは2つ!

・温度変化に気を付ける

・使いやすい量に分けてサランラップで保存

肉類の冷凍方法

冷凍保存する際のポイントとする上で皆さんから良く出る、冷凍保存する際の質問を

いくつかご紹介しながら質問に対して回答していきますので、是非実践してみてください!

お肉を冷凍する

基本お肉を冷凍する際は「急速冷凍」を心掛けるようにしましょう!

理由は簡単で、旨味を含んだドリップを解凍時に出しにくくするため、です。

なので、冷凍する際は買った際にパックからお肉を取り出し、使いやすい量に小分けして

サランラップで包んでジッパー付きの保存袋に入れて冷凍しましょう。

さらにワンポイントアドバイスで、この冷凍の際にアルミトレーの上に食品を置いて凍らせると

冷凍スピードがより上がるので、ドリップが出てるくるのをより抑える事が出来ます。

また使用期限も約1か月間になりますので、量が多い場合はシールなどで日付をわかるようにすれば便利ですね!

これはOK?冷凍の際の質問5選

冷凍したお肉の使用期限の目安は?

答え:どれだけながくても1か月間が目安!ひき肉は…2週間ほどです

何の問題もなく冷凍できた場合であれば、最長1か月間でひき肉の場合は

空気に触れる箇所が多いので、約2週間ほどになります。

とは言っても、基本は早めに使い切ることが大事ですので、量が多い場合は

ペンなどで日付を記載すると、使い忘れも防げますよ!

スーパーで買ったトレーのまま冷凍は?

答え:お肉のドリップが出ている可能性があると衛生的にもダメなのでNG!

今回の記事で何度か出ている「ドリップ」ですが、旨味、たんぱく質からなる水分なのですが

逆に放置していると、臭みに繋がっていくので冷凍する前には必ず取り除く必要があります。

お肉は温度変化に弱く、そのせいでドリップが出てくるので、購入した際に出ていなくても

家に帰ってみるとドリップが….なんてことは結構あるので

家に帰って、冷凍する分は、ドリップをキッチンペーパーで拭き取ってから

サランラップで包みジッパー付きの保存袋に入れて、冷凍するようにしましょう。

冷凍の使用期限を長くする方法は?

答え:清潔に素早くしまうのと新鮮な肉であれば少しは!

これは、もう…当たり前じゃん!なんてお思いの方も多いかもしれませんが

本当です。(笑)

基本は適切な冷凍方法かつ新鮮なお肉であれば、それが一番長く保存する事が出来ます。

ただ、長くする方法よりも、適切に使える量を買っていく方が簡単に節約にもつながるので

買ったお肉をなるべく早く使い切る事を忘れずにしましょう。

ただ…新鮮なお肉はその日に食べたいですけどね(笑)

冷凍可能な保存容器に直接入れての冷凍は?

答え:お肉の敵「外気」が多く触れるのでNG!

お肉が空気に触れてしまうと「老化」に繋がるので、基本空気に触れないように

することが大事になるのですが、保存容器だと余分なスペースが出来てしまうので

空気に触れてしまいます…..

なので、保存の際はラップなどで包み空気に触れないようにしましょう

使い切れなかったお肉は、再度冷凍しても大丈夫?

答え:再度冷凍するのはNG。

どうしても家庭用の冷凍庫だと、温度も業務用より高いので冷凍にも時間がかかります。

衛生的にも悪いですし、再度冷凍すると冷凍やけの原因にもなりますのでNGです。

なので、一度解凍してしまった場合は、加熱調理して使い切りましょう!

加熱後であれば、2~3日ほどはもつので、再冷凍は必ずしないようにしましょう。

肉類の解凍方法

基本お肉を解凍する際は「じっくり低い温度で解凍」することが美味しく食べるための秘訣なのですが

忙しい主婦や飲食の現場で、肉汁を出さないように「じっくり」解凍するのは難しいのが現実です。

なのでここでは、3つの解凍方法と解凍時のNGをご紹介しますので、自分の用途、タイミングに合わせて活用してみてください!

じっくりゆっくり解凍なら「冷蔵解凍」

上記で説明した様に、美味しく解凍するにはじっくり、ゆっくり時間をかけて解凍する必要があります。

理由は、急激な温度変化によりお肉の旨味やたんぱく質が含まれる水分(ドリップ)が多く出てしまうので

それを防ぐために、ゆっくり解凍する必要があるんですけど

最もその解凍方法として気軽かつ簡単なのは、冷蔵を使った解凍方法です。

冷蔵庫だと、じわりじわりと少しづつ解凍していくので、ドリップも出にくいのと冷蔵庫に入れておくだけなので

解凍自体に「手間」がかからないので、時間があるのであればおすすめなのですが

如何せん時間がかかってしまうのが難点ですね(笑)

また、解凍の状態の目安としては、お肉を指で押してみて内部が少し凍っているくらい

所謂「半解凍」状態が一番肉汁を留める事が出来るので、おすすめです!

解凍の具体的な時間は、お肉の大きさによるのでざっくりですが、おおよそ数時間かかるので

調理の時間を逆算して冷凍庫から冷蔵庫に移す時間を考えるのがいいですね。

時間はないけど美味しく解凍なら「氷水解凍」

先ほど紹介した「冷蔵解凍」よりも、直接水に浸けて解凍する分、時間は大幅に短縮できる上に

氷水なので温度も低く肉汁を殆ど抑えて解凍する事が出来るので、美味しさも維持できるので

時間がない人でもチャレンジしやすいので、こちらもおすすめです。

ただ一つ難点としては、氷水の温度を一定に保つ必要があるので、氷は溶けてくると

定期的に継ぎ足さないといけないので、それは少し面倒かも…(笑)

解凍の方法としては、ビニール袋などにお肉を入れ、中に水が入ってこない様に密閉した状態で

ボウルに氷水とビニール袋を入れて実践してみてください!

また解凍の具体的な時間も、お肉の大きさによりますが1時間~2時間程になるので

実際に料理をする時間に逆算して解凍していきましょう。

兎に角時間が惜しいなら「流水解凍」

これは「美味しく解凍する方法」の中でも最速ですが、やはり「冷蔵解凍」や「氷水解凍」に比べて

温度が高く、ドリップも出てしまうのですが、電子レンジでの解凍や常温解凍よりは、ドリップを抑える事が出来ます。

なので、こちらの解凍方法を実践する方は、あくまで時間がなかったり、急に必要になった場合の方法になるので

基本的な解凍方法としておすすめは、上記で説明した「冷蔵解凍」や「氷水解凍」がおすすめですね。

お肉の解凍の仕方としても、バットやボールに直接お肉を入れ、水道の水を少しづつ垂らして水を溢れさせながら

解凍していくのですが、時間の目安としてはコチラも大きさによるのですが、大体30分~1時間ほどになりますので

時短で作る必要があるのであれば、ぜひ試してみてください。

意外と多い「避けるべき」解凍方法

意外と知られない方も多いのですが、解凍方法として最も避けるべきなのは、お肉を常温で解凍する事です。

理由としてもシンプルで、お肉を美味しく解凍するためにはドリップを出さないようにすることが大事なのですが

この方法だと、お肉の中と外で大きく温度差が出てしまい、ドリップがあふれ出てくるので

せっかくそのお肉が持つ「旨味」を垂れ流しにしてしまうので勿体ない点と

単純に衛生的に、暑い季節や密閉された湿度の高い場所だと、細菌が繁殖しやすくなり

食中毒を引き起こしやすくなってしまう2点の要素から、常温での解凍はおすすめではないと言われています。

なので、今現在してしまっている人や、それを使用と思っている方は、是非上記で紹介したような解凍方法で

味的にも衛生的にもグッドなお肉の解凍を実践してみてくださいね!

まとめると「常温で解凍」がNGな理由

・温度変化でドリップが垂れ流しで旨味成分が減る

・細菌が繁殖しやすくなり食中毒を引き起こしやすくなってしまう

料理研究家が勧める時短解凍方法

肉類の解凍方法の箇所で散々、お肉の解凍は「じっくりかつ低温」が大事だということをご紹介しましたが

如何せん時間がかかりすぎてしまう事もあるので、敬遠しがちな人も多い中で

「日本フードバランス協会」代表で、冷解凍を知り尽くす料理研究家として知られる小針衣里加さん

テレビ(マサカメTV)で紹介した「5分」で出来る解凍方法をご紹介していきます!

用意するものはアルミの鍋2つとサランラップ

出典:pastel.website/

まず、用意したアルミ鍋を裏返して、そこにサランラップを敷いていき、その上に冷凍されているお肉を生のまま置きます。

さらにその上にラップを被せ、お水を入れたもう一つのアルミ鍋で上下で挟み込んだら、もう準備は完了です。(笑)

解凍時間自体は、お肉の大きさにもよりますが、肉厚1㎝程であれば、大体5分ほど、2㎝程であれば10分ほど、放置するだけで解凍可能で

仕組みとしては、アルミの熱伝導率の高さを利用して、上下でサンドイッチ状態にするので、解凍が速くなるみたいですね!

この方法は、魚の冷凍ブロックなどでも活用でき、アルミ鍋もアルミボウルなどでも代用できるので、是非実践してみてください。

 

まとめ

今回はお肉の冷凍、解凍方法についてご紹介していきましたが、参考になるものはありましたでしょうか!

一番最後にご紹介した、裏技解凍方法については、これからさらに出てくれば、追記してご紹介していきたいとは思っていますので

是非お肉の冷凍、解凍に対して、迷っていたり悩んでいた方は試しに実践してみてください。