【主婦必見】用途に合わせておすすめな洗濯洗剤人気12選!

生活雑貨

今現代の洗濯洗剤は、用途に合わせて色々な種類の洗剤が出ており

どの洗剤が自分に合っているのかなかなか洗濯が難しくなっています。

特に毎日使う人であれば尚の事コストパフォーマンスが高い洗剤を選べれば

節約にもつながります。

なので今回は、人気の洗剤で「液体タイプ」と「粉末タイプ」の2種類に分け

それぞれメリット&デメリットを紹介しますので、是非自分に合った洗剤を見つけてください!

目次

粉末タイプのメリット&デメリット

洗濯洗剤を選ぶ際の3つの基準

用途ごとにおすすめな洗剤12選

洗剤のタイプごとのメリット&デメリット

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

洗剤をお店に買いに行くと、ほぼ必ず「液体タイプ」と「粉末タイプ」の2種類の洗剤が販売されていますが

違いとしては「使用用途」によっての使うタイミングが変わるので、それぞれをしっかり使いこなせれば

洗濯をさらに上手くできるようになります。

あなたに合った洗剤を探すためにも、この2種類の違いをまず把握しましょう。

液体タイプのメリット&デメリット

液体タイプの洗剤は、水に溶けやすく安定して全体にまんべんなく洗剤を行き渡らせることができるので

手軽で非常に利用しやすい洗濯洗剤です。

しかし価格は液体タイプの方が高く洗濯で大事な「洗浄力」という点においても粉末タイプの洗剤に劣っています。

メリットとしては、誰でも手軽に使用する事が出来る点があげられ

デメリットとしては、価格が高く洗浄力が弱い点があげられます。

自分洗濯を始めたばかりや、子供に手伝ってもらう機会がある場合は簡単な液体洗剤がおすすめです。

粉末タイプのメリット&デメリット

先ほどと逆で粉末タイプの洗剤は、価格が安く洗浄力が高いものが多いので

コストパフォーマンスを考える場合は粉末タイプの洗剤が圧倒的におすすめになります。

しかし粉末タイプの洗剤は湿気などで固まりやすくなり、水に溶けにくいことがあるので

洗剤を使う際に注意する必要があります。

もちろんお湯などを使えば、しっかり溶け利用する事が出来るので

その点などの工夫ができる方にはコスパも高いので非常に満足しやすいものが多いです。

双方利点がある

どちらも利点はあるので、常用するのを液体タイプの洗剤にし衣類の汚れがひどい場合に

粉末タイプの洗剤を使うなど、自分に合った形があると思いますので

自分の生活スタイルに合わせて選んでみてください!

洗濯洗剤を選ぶ際の3つの基準

洗濯洗剤の種類も今はとても多くなっているので、ここでは選ぶ際の3つの基準によっての違いを

ご説明しますので、自分が洗剤を選ぶ時に大事にする基準で

自分に合う一番の洗剤を是非見つけてください!

洗浄力

殆どの人は洗剤を選ぶ際に最重要視しているのは洗浄力だと思います。

特にお子様の服がよく汚れたりして困っている方には大切な基準だと思います。

なので洗浄力という点だけで見れば「粉末タイプの洗剤」が最も優れているので

お子様がいる人以外でも汚れの多い衣類を選択する機会が多い人は

洗浄力に優れている粉末タイプの洗剤がおすすめです!

蛍光剤の有無

この「蛍光剤」を基準に選ぶ人はなかなかいないかもしれませんが

蛍光剤が入っている洗剤は白衣類をさらに良く白く見せるという効果があるため

白シャツなどを洗濯する場合は、この「蛍光剤」が入っている洗剤を選ぶと

より綺麗に見せる事が出来ますのでおすすめです。

しかし淡い色の服を選択する場合は、蛍光剤の影響で色あせてしまう事があるので注意する必要があります。

また、注意点としては敏感肌の方や赤ちゃんへの使用なるべく控えた方がいいともいわれているため

自分の体質に合わせて、是非使用してみてください。

コスパ

毎日使用するものであれば、値段の違いが意外と後から大きく出てしまうので

自分の洗剤の使用頻度から、どれくらい使うからを考えその洗剤が一度の購入で何回使え

月額いくらかかるかで選べれば無駄もなくなりコストパフォーマンスも向上するので

その中でさらに洗剤を選ぶ際に量が多くさらに値段が安いものを選べれば最高ですね!

用途ごとにおすすめな洗剤12選

おすすめな液体洗剤6選

緑の魔女 ランドリー


洗剤「緑の魔女」の配合成分には環境を汚さないどころか、使用後には洗剤成分の

グロースファクターが排水パイプに棲み汚れなどを食べる微生物に栄養を与え

その食べる分解力を高める効果があります。

それにより、排水パイプ自体もきれいになり、嫌な臭いも消し去ることができます。

もちろん洗濯機自体も浄化するので、一石三鳥の洗剤だと言えますね(笑)

SUPER NANOX


言わずもがな洗剤の最大手「ライオン」のトップSUPER NANOX。

繊維の1本1本を徹底したクレンジングで汚れゼロへ近づけてくれ、衣類の黒ずみや黄ばみを白く洗い上げてくれます。

大手商品なので安心感もあり料金も安いので、取りあえずで洗剤をどれにするか迷ってる方はこちらの洗剤がおすすめです。

さらさ 洗濯洗剤


無添加洗剤「さらさ」は、蛍光剤、着色料、漂白剤が入っていないので

皮膚科の先生監修のもと、赤ちゃんの衣類にも安心して使えると太鼓判をもらっている商品で、肌触りもやわらかく仕上げてくれます。

そしてこの洗剤の一番のポイントは漂白剤が入っていないのにもかかわらず、衣類を白く仕上がてくれる点です。

白く仕上げてくれる要因は、この洗剤に含まれる高活性オーガニック酵素の働きで自然の物を使用しているので、安心して使う事が出来る洗剤です。

なので洗剤購入の検討材料で、肌質や無添加という点に重きを置いている方にはおすすめな商品です!

ファーファ ファインフレグランス ウォッシュ


こちらの洗剤は、使っている柔軟剤の香りを一層引き立ててくれる、柔軟剤のための洗剤で

洗剤成分の中に「香り吸着成分」が配合されており、柔軟剤の香料をキャッチしてくれます。

なので、こちらの洗剤は今以上に「柔軟剤の香りを引き立てたい」や「柔軟剤の匂いがしない」など

柔軟剤の香りについて悩んでいる方には、抜群におすすめな洗剤だと言えます。

アリエール


こちらも言わずもがな洗剤の最大手からの商品です。

こちらはCMなどでいろいろ紹介されている通り、圧倒的洗浄力で衣類の汚れを一掃し

洗濯槽のカビ防止もしてくれる洗剤で、こちらも特に用途などを考えていない方には

鉄板、安パイな商品なので、迷っている方にはおすすめです。(笑)

ウルトラ アタックネオ


こちらも大手「花王」の洗剤、アタック。

袖、襟の汚れやにおい、食べこぼし、くすみ、黄ばみなどの汚れを落とし防ぎます。

直接塗ることで、袖や襟も真っ白にでき、キャップも塗りやすいスマートキャップが採用されています。

ただこちらの商品も大手の洗剤なだけあって、安心して使う事が出来ます。

正直、アタック、アリエール、ナノックスは好みで選んでください(笑)

おすすめな粉末洗剤6選

泥クリヤ


元プロ野球選手も絶賛の汚れ落とし洗剤「泥クリヤ」。

落ちにくい「赤土」も「黒土」も落とす事ができ、小さな子供がいる家庭には、必需品と言っても過言ではない洗剤です。(笑)

もちろん除菌消臭力も抜群で、汗の臭いなども残らず洗い上りもさわやかに仕上げてくれるので

子供のスポーツ服だけでなく、作業着の汚れやガーデニングでの汚れでも活用できるので、用途の幅はとても広く、洗剤としての万能性は非常に高いと思われます。

なので「洗浄力」という点において、今使用しているものに満足できていない方は、ぜひ一度この洗剤を使ってみてください!

オキシクリーン


有名な万能洗剤「オキシクリーン」は、その呼び名通り、洗剤だけでなく

台所の汚れ、食器類、トイレ、洗面台の汚れなど、あらゆる場面で活躍してくれる洗剤で

独特な臭いもなく、すっきりさわやかに汚れを落としてくれるので、多くの方がリピートしたくなる洗剤です。

そしてこちらのオキシクリーンは、よくネット上で日本製とアメリカ製で、「日本製の物は泡立たない」というコメントが目立ちますが

もちろん洗浄力に違いはなく、単純に日本製のオキシクリーンには

水と油を混ぜ合わせ泡立ちが起こりやすくなる「界面活性剤」が入っておらず、環境や肌に優しい仕様に仕上げられているので

泡立ちが少ないだけであって、洗浄力には何の問題もないので、日本製のオキシクリーンを選んだ方も安心して使用してください(笑)

善玉バイオ洗剤浄 JOE


こちらの洗剤は所謂「エコ洗剤」で、洗濯排水などで川を汚すこともなく、地球に優しい洗剤になっています。

もちろん優しいのは地球にだけでなく、家計にも優しい価格帯な上、洗浄力も抜群で

おまけに洗えば洗うほど汚れにくくなる、再汚染防止剤が配合されているので

「洗浄力」に関しても他の洗剤に劣らぬおすすめな洗剤です。

自然に優しい仕様なので、安全性も高くリピートされる方も多い商品です!

ハッピーエレファント


こちらの洗剤も皮膚科医が行ったテストで安全性も実証されおり

敏感肌や赤ちゃんにも安心して使える洗剤で、洗浄力も無香料で汚れ落ちがよく、すすぎも1回で十分。

もちろんすべての人の肌に安心して使えるわけではありませんが、一般的な洗剤に比べると安心して使えるので

合成洗剤などが苦手な方は是非こちらの洗剤を試してみてはいかがでしょうか!

無リントップ


先ほど紹介した「ライオン」の今度は粉末洗剤無リントップ。

タンパク汚れ分解酵素の働きで、たくましい酵素の力を発揮してくれます。

商品自体は大容量なので、コスパという点で考えれば、

洗浄力も兼ね備えてのこの値段なので過程に優しい洗濯洗剤です。

サン・マウンテンフレッシュ


アメリカの洗剤で洗浄力という点においては、もしかしたら一番強いかもしれない商品です(笑)

消臭力もあり、使用した方の中には白シャツにコーヒーをこぼしたものも落ち切ったという方までいるので

服の汚れが頻繁に起こるお子さんがいらっしゃるご家庭では、重宝される洗剤かもしれませんので

気になった方は、ぜひ一度試してみてください!

まとめ

今回は液体洗剤と粉末洗剤をそれぞれ6選紹介しましたが

気に入った洗剤はありましたでしょうか?

もちろんこれらの洗剤以外にも用途ごとに強い物も存在するので

次回はいろいろな用途に合わせてご紹介しますので、是非参考にしてみてください!