【ママ必見】子供の迷子対策は済んでる?GPSで見守る「いまここ」が凄い!

サービス

子供=迷子、、、大袈裟なようですが切っても切り離せない部分です。

特に小学生となると、行動範囲も広がってくるので少し目を離しただけでフラフラと、、、

もちろん離さないようにする事が先決で一番大事ですが、近年では子供が犯罪に巻き込まれたというニュースも数多く報道されているので、未然に万が一を想定する事は非常に大事になってきます。

多くの方が自分にはそんな事起きないと楽観視してしまい、取り戻せない後悔をし続けている人も多いので、他人事と思わず対策はしっかりとするべきですね!

そこで今回は、子供の迷子対策で非常に評判の高い、NTTグループの「goo of things いまここ」をご紹介していきますので、気になる方は是非詳しく見ていってください!

目次

迷子になりやすい子供の年齢

迷子が起きやすい時

迷子を未然に防ぐ方法

それでも迷子になったら

 

迷子になりやすい子供の年齢

幼い子供と言えば迷子になりやすいというイメージを持っている方も少なくないと思いますが、実際には年齢的に何歳頃が一番迷子になりやすいのでしょうか。

もちろん一人歩きが出来るのであれば、何歳でも迷子になる可能性は考えられますが、やはり5歳~8歳頃の子供は足が速くなり、体力もついてきているので、遠くに行ってしまう可能性も高くなってきます。

もう小学生、、、と安心してしまい迷子に繋がることもあるので、特に上記の年齢は油断大敵です。

 

迷子が起きやすい時

子供が迷子になりやすいのはどんなときでしょうか。

先に把握しておくだけでも、先回りして防ぐことも出来るので、把握しておきましょう!

動物園や遊園地などの行楽地

水族館や動物園、遊園地などは、やはり迷子が起きやすい定番ですね。

どうしても子供の気持ちも昂りやすいので、「いつもなら大丈夫」というような子でも、迷子になってしまう事もあるので、油断禁物です。

また人混みが多いので、すぐ近くにいても気付かないですれ違い、、、という事もあるので行楽地などに言った場合は、「迷子になってしまうかも」を頭に入れておくことが大事ですね。

 

大型ショッピングセンター

こちらも定番ですが、大型ショッピングセンターです。

買い物中に気付いたら、、、あるあるですね、、、

やはり、おもちゃ売り場や子供服売り場、ゲームセンターなど、子供の興味をそそるものが多いので、少し目を離したすきに勝手に言ってしまうという事があります。

さらに、親自体も買いたいものがあって行っており、目を離しがちとも言えるので、その点も気をつけたいポイントですね。

 

いつもの行動範囲

以外ですが、例えば行きつけのスーパーマーケットでも迷子になってしまう事があります。

これ単なる油断ですが、いつも言っている場所だから~とか、毎日来ているから~という安心が、皆さんの「見てなきゃ!」を弱めてしまうので、場所にとらわれず、意識をしっかりと持つことが大事ですね。

 

自分以外が子供を見ている時

こちらも同様で、例えば兄弟に子供を見てもらっている時などは、当然「意識」が常に見ている人より薄いので、迷子になってしまう確率はぐっと上がります。

なので、やむを得ず自分以外に子供を見てもらう時は、しっかりとその点を伝え、何かあった場合にはどう対処するまでを伝えておく事で大事に至らないようになるかと思います。

 

迷子を未然に防ぐ方法

子供の迷子を防ぐ為に最も大事なのは「意識」です。

先程もありましたが、油断や安心が迷子に繋がるケースが多いので、まずは「いつ迷子になってもおかしくない」と認識し、大丈夫だろうと油断しない事です。

次に大事なのは、よく聞く「少し目を離したすきに、、、」

です。(笑)

とにかく目を離さないように、視界に入れておく事で、必然的に防ぎやすくなります。

子供を一人にしないのは当然として、自分自身が常に把握できる状態を作るようにしていく事を心掛けるだけでも、圧倒的に防ぐことに繋がるので、やはり共通して「意識」が重要ですね。

 

それでも迷子になったら

やはりどれだけ対策しても、迷子になってしまう事はあり得ます、、、

しかし、そんな万が一の際に備えられる事で、「何かあったとしても大丈夫」と冷静になれるので、判断を誤る事なく対処していく事が出来るという事で、非常に今人気を得ているのが、冒頭でご説明した、NTTグループの「goo of things いまここ」。

子供にGPS端末を持たせる事で、子供の居場所を「見たい時」に、専用のアプリで把握する事が出来る上に、学校や公園など子供が頻繁に訪れる様な場所を設定する事が出来るので、子供の登下校の行動把握をする事が出来ます。

イメージとしては下図ような感じです!

 

もちろん見守る側は複数人で見る事が出来るので、家族全員で見守りが可能です!

また最大のポイントとして3つ。

緊急時のお知らせ機能

緊急時のお知らせ機能としては、何かあった際に子供がGPS端末の中心ボタンを長押しする事で、保護者側に通知する事が出来るので、いち早く気付き、駆け付ける事が出来ます。

やはり昔の防犯ベルと違い、GPSで場所把握が出来るので、安心度合いは桁違いですね(笑)

 

設定エリア進入時の通知

子供が頻繁に訪れる場所を設定する事が出来るので、友達の家や学校、習い事の教室などに子供が訪れた時に通知させる事で、しっかりと行動把握が出来るので、安心です。

また、交通量や街頭の少ないエリアに入ってしまったら通知させる事も出来るので、何かあった場合に備えるという点では非常に利便性が高いと言えますね。

 

耐久性

防水仕様になっているので、雨天でも問題なく使用でき、サイズとしては51×51×15mmで39g。

軽量でかつ丈夫なコンパクトボディになっているので、余程雑な扱いをしない限り子供に持たせても問題ありませんね(笑)

 

実際の声

やはり大手NTTグループだけあって、商品クオリティに抜かりはないですね、、、(笑)

料金はどうなってるの?

基本的には初期費用として「GPS端末購入費」が掛かります。

↑こちらに関してはキャンペーンをやっている事もあるので下の公式ページから確認してみて下さい!

さらに利用料として月額638円(税込)が掛かりますが、こちらに関しては「初月無料」。

端末登録日~から1か月目の月末までの費用は掛からず、利用2か月目からかかるイメージです!

ただ、特に契約期間として「最低利用期間」があるわけでもなく、「解約手数料」があるわけでもないので、やはり商品購入者に「満足させられる自信」が商品にないと中々出来ないと思います。

まずは試しに使ってみて下さい、ダメなら解約できますよ

と、、、言わんばかりに強気ですね(笑)

ただ、子供の命を守っていくという点で考えたら、利便性の高い商品だと思いますので、今特に対策を取っておらず、何かしらを、、、と思っていらっしゃるのであれば、試してみても良いかもしれません。

もちろんここでご紹介している以上に細かいサービスのポイントもあるので、詳しく見てみたいと思った方は下記から公式ページに行けますので是非!

 

まとめ

今回は子供の迷子対策として今人気度の高い商品をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか!

やはり冒頭で述べたように、何かあった場合に取り返しのつかない事になってしまっては遅いので、なるべく万が一にもしっかりと備えられると良いかもしれませんね。