【口コミ抜群】Amazonで人気のレディース喪服3選をご紹介!

特集

今回は、amazonで人気のレディース喪服をご紹介していきます。

喪服と言えば、それほど使う機会もないですが、万が一になかったら困るものですよね、、、

ですが、たまにしか使わないので、サイズが合ってない!なんてことになったら失礼に当たる可能性も。

なので、今回は低価格で高クオリティの喪服をご紹介していきますので是非!

 

 

そもそも喪服とは?

 

冠婚葬祭の儀式や会合などの改まった席で着用する礼服の中の1つ。喪中に着る黒や薄墨の服の事を言います。

喪服には大きく3つの格式があり、順番にその特徴を説明して行きます。

①正喪服

喪主と三親等までの親族が着用します。

最近では喪主側でも準喪服を着用する人が増えているので見る機会は減っています。

  • 和装:染め抜き五つ紋の黒無地の着物
  • 洋装:黒のワンピース、アンサンブル、スーツなどのブラックフォーマル

 

②準喪服(喪服)

お通夜、お葬式、法事などのあらゆる弔事で着用します。

昔は参列者用が着用するものでしたが、最近では一般的になり喪主や遺族も着用する事が増えています。

  • 和装:一つ紋か三つ紋で、黒に限らず紫や茶、灰色などの地味な色
  • 洋装:ワンピース、アンサンブル、スーツなどで正喪服に比べて素材やデザインが柔軟になったブラックフォーマル

 

③略喪服

お通夜や法要、お別れ会等で参列者が着用します。

最近ではお通夜であってもブラックフォーマルを着用する人が増えたため見る機会は減っています。三回忌以降の法要であれば遺族も略喪服で参加可能です。

洋装のみ:ブラックフォーマル以外の黒、紺、グレー、茶などの地味な色の暗めのワンピースやスーツ。正喪服や準喪服ほど素材や色にこだわらなくても良いとされています。

 

大きく分けると3つですが、昔と違って今は一般的な喪服=準喪服と思って良さそうですね!

 

選ぶ際のマナーや注意点は?

 

  • 胸元の開いたものはNG。肌の露出を避け、襟の詰まったデザインを選びましょう。
  • 現在は5~7分袖でも良いとされていますが、長袖が原則。夏でも袖が長いフォーマルを着用した方が無難です。
  • スカート丈についても短いほどカジュアルに見られてしまう可能性があるので、ひざ下からふくらはぎまでの丈を選びましょう。
  • レースや刺繍などもたくさん入ってると華美にみられてしまう事も。
  • 少し入っている程度なら問題はありませんが、控えめもしくは入っていないものの方が安心ですね。
  • バッグやコートなど身に着けるものは黒でそろえましょう。
  • 殺生をイメージさせるものはNGです。毛皮のコートや動物の皮だとすぐにわかる革製品は避け、つやを抑えたものを選びましょう。

葬儀の場は非常にデリケートですので、失礼のないよう十分に注意する必要がありますね。

 

失敗しない喪服のコーディネート

ノースリーブや半袖の喪服の場合

袖の短いワンピースタイプの喪服の場合、薄手のブラウスやジャケットなどと組み合わせて着れば大丈夫です。黒で統一されてフォーマルさが出ていれば問題ないのでご安心を。

 

ブラウスも黒を選ぶ

スーツタイプの服を着用する場合、ブラウスは黒を選びましょう。装飾のないものが一般的ですが、準喪服の場合、レースやフリルがついたものでも良いとされています。派手なものは避け落ち着いたデザインを着用するのが良いでしょう。

 

ストッキングは黒の無地

最近は冬であれば60~80デニールくらいのタイツも許容範囲となっていますが、タイツはカジュアル寄りになるので基本的にはNGです。黒のストッキングで統一するか寒い場合は2枚重ねて履くのもおすすめです。

 

靴の色も黒が原則

暗い色であっても黒以外は避けた方が無難。ピンヒールや装飾がついたもの、カジュアルすぎるデザインは避けましょう。光沢の少ないシンプルな合成皮革か布製のパンプスがおすすめです。

 

バッグの素材にも注意

マナーの例にも挙げましたが、殺生をイメージさせる毛皮や革製のものは避けましょう。またショルダーバッグはあまり望ましくないと言われているため、布製の黒のハンドバッグが理想的です。小さいサイズが多いので、入りきらない場合はサブバッグを用意しておいた方が安心ですね。

 

アクセサリーはつけても良いのか

結婚指輪以外は原則NGです。洋装の場合はパールはOKなので、ネックレスは40㎝程度までの長さの小ぶりのホワイトパール、ブラックパールなどを選びましょう。不幸が重なるという意味合いがあるため、2連・3連のものは避け1連のものをつけましょう。フォーマルな装いでは、ネックレスとイヤリングはセットで身につけるのが良いとされています。

 

衣服だけでなく身に着けるもの全てに気を使う必要があります。コーディネートが大丈夫かチェックしましょう。

おしゃれで人気な喪服3選

①口コミ第一位王道ならこちらがおすすめ

 

MONOIR(モノワール) 喪服 レディース 礼服 ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース ロング

参考価格:¥12,500 – ¥14,800

  • シンプルなデザインなので世代を問わず着られます。
  • ノーカラージャケットにはフック留めがついており、スッキリとしたデザインが特徴です。
  • リボンやワンピースの袖口のサテン切替えなど、ワンポイントのオシャレが上品ですね。

 

②1枚で着られるワンピースタイプならこちらがおすすめ

MONOIR(モノワール) 喪服 レディース 礼服 ブラックフォーマル ワンピース オールシーズン P04-40101 ブラック 濃染加工

参考価格: ¥14,800

  • ゆったりとした着心地でオールシーズン使えます。
  • 丈も長いので、落ち着いた印象のデザインです。
  • 前ファスナー仕様なので着脱が楽で授乳中にも対応出来るので、小さな赤ちゃんがいるお母さんにもおすすめです。

 

③自分にあったサイズを選びたいならこちらがおすすめ

m461(マーガレット) ブラックフォーマル レディース 喪服 アンサンブル 前開きワンピース 礼服 冠婚葬祭

参考価格:¥11,550

  • 7号~23号まであるので、自分に合ったサイズが選べます。
  • ワンピースの肘にはスリットが入っているのでゆったりと着られるのも良いですね。
  • 襟元が上品なジャケットもついているため、ジャケットの有無で着こなしが変わるのもポイントです。

 

喪服はレンタルがお得?

1着持っておけば安心ではあるものの、小物がない場合全て揃えるとなると結構な金額になってしまいますよね。
クリーニングや保管の心配もありますし、次に着るのは何年後だろうとお悩みの方におすすめなのが、、、喪服のレンタルです。

予算は5000円程度。

喪服だけではなく、小物も一式そろってこの金額となるとお得ですね。

 

注文はネットで簡単に。

夕方~夜に頼めば即日発送してくれます。喪服が急に必要になり困ったという方もこれなら安心。早ければ翌日には届くので焦らずに済みますね。

 

安心の保証パック付き

汚したり壊してしまったらどうしようと心配の方には+料金で保証パックも。(料金はレンタル代の10%前後が目安です)

 

返却も簡単に出来る。

喪服を着終わり、返却する際もコンビニから着払いで出来るので楽ちんです。クリーニングもしなくてOK。終わった後も安心ですね。

 

難しいマナーの間違いもないですし、料金をふまえてもお得ですね。

まとめ

お金をかけても良いからこの際一式そろえようという方は、マナーもふまえて自分なりのコーディネートを見つけてみましょう。

お得に、手間もなく喪服を揃えたい方におすすめなのがこちら、、、

マナー・デザイン・質にこだわる方の喪服・礼服のレンタルCariru BLACK FORMAL

気になる方は是非!