【緊急事態宣言発令?】大阪最多の感染者数で今後の対応はどう判断?

ニュース

感染者数の発表で、千人以上を超える日が6日も続いている大阪府。

感染状況が非常に「深刻」と言え、医療体制も限界を超えつつある状況、、、

どう対策をしていくのか、判断の難しいところですが、実際感染者の推移がどうなっているのか、見てみましょう。

大阪府の感染者数推移

曜日 日付 感染者数
月曜日 4月12日 602人
火曜日 4月13日 1,099人
水曜日 4月14日 1,130人
木曜日 4月15日 1,208人
金曜日 4月16日 1,209人
土曜日 4月17日 1,161人
日曜日 4月18日 1,220人

吉村洋文知事が4月5日から適用させた「まん延防止等重点措置」から、本日で約2週間。

知事としては、措置の効果を見極め、週内に政府へ緊急事態宣言を要請するかどうか判断する意向のようです。

知事は、効果を見極める基準として、新規のコロナ感染者数の「傾向」を上げていますが、府民のモラルによる対策を軸としてしまうと、「住んでいる人」次第になってしまうので、しっかりとした状況判断を行って頂きたいですね、、、

また、最新ニュースをチェックしたい人は、スマートニュースを是非!

完全無料で、話題のニュースがすぐに読める【スマートニュース】