【健康の源は水】水道水とミネラルウォーターの違いからおすすめの水17選!

飲食物

生活の中で欠かせない飲み物は、人それぞれ自分の好みに合ったものを飲んでいるかと思われます。

特に最近では「水を飲めば健康になる」なんて風潮が蔓延していますが、水を飲んで病気が治るなんて事は、もちろんありません(笑)

しかし人体の60%以上は水で構成されているので、水を飲むことにより身体の根本的な健康促進には繋がります。

人体の中でも、血液として体の中をめぐり、老廃物を排泄し、栄養素を運ぶなど大きな役割をもっている水を失うと

血液はドロドロになり、心筋梗塞脳梗塞などの原因にもなります。

特に身体の水分量は、加齢とともに低下していくので、重要な水をどれだけ的確に補充できるかが

健康的な生活をおくるための重要なポイントになっていきます。

なので今回は、普段使用することの多い水道水との違いや、おすすめの水ランキングなど紹介していきますので

自分のスタイルに合わせて、気に入ったものがあれば、ぜひ一度試してみてください!

目次

水分の必要摂取量は人によって違う!

水を飲むことにより現れる効果とは?

水道水と市販水

硬水と軟水の違い

様々な用途に合った水17選!

水分の必要摂取量は人によって違う!

人が1日に必要な水分は、男性3リットル、女性2リットルの量を飲む事が健康促進で有名なNPOである「マヨ・クリニック(サイトはこちら)」で推奨されていますが

しかし正確には、個々人で変わる体重によって本来の水分の必要摂取量は変わっていきます。

その個々人で変わる水分摂取量の計算方法は以下の計算式になります。

1、体重に年齢に応じた以下の値を掛ける。

・30歳未満の場合    ・・・体重×40

・30歳以上55歳以下の場合・・・体重×35

・56歳以上の場合    ・・・体重×30

2、上記で出た値に990.5で割ったものが、本来1日に飲むべき水分量(L)となります。

例)

25歳男性、体重75kgの場合

(75×40)÷990.5=3.028

となり、約3リットルの水が必要な摂取量ということになります。

自分の年齢、体重で計算して、自分に必要な水分量を出してみてください!

水を飲むことにより現れる効果とは?

水を飲み続けることにより得られる効果として代表的にあげられるのは5つ。

水よってもたらされる健康効果

1.基礎代謝の上昇

2.むくみの解消

3.血液がサラサラに

4.緊張、イライラの解消

5.体内老廃物のデトックス効果

それぞれ順番に解説していきますので、自分が欲しい健康効果があればぜひ実践してみてください!

【1】基礎代謝の上昇

そもそも基礎代謝とは、生きていくために必要最低限の生命の活動、つまり内臓を動かしたり、体温を維持するためなどに消費されるエネルギーのことです。

その基礎代謝が上がる理由は、水を飲む事で一時的に下がった体温を元に戻そうとする働きによるもので、いわゆる元に戻す働きは

エネルギーを消費して「体温を戻そうする基礎代謝の働き」なので、それにより本来の基礎代謝のエネルギー量が増加し、結果的に水を飲む事で基礎代謝の上昇に繋がります。

なので基礎代謝を上げたいと考えている人は、水を飲み続けてみてはいかがでしょうか!

【2】むくみの解消

一般的な「むくみ」の原因は、細胞外液がリンパ管外や血管に染み出し、皮下組織に過剰に貯留している状態のことを言います。

もう少しかみ砕いて説明すると、通常体内の体液は、細胞外と細胞内を行き来しています。そしてその移動を司っているのが「カリウムイオン」と「ナトリウムイオン」で

基本的に、細胞内はカリウムイオンの濃度が高く保たれており、ナトリウムイオンの濃度が低く、逆に細胞外はナトリウムイオンの濃度が高く保たれており、カリウムイオンの濃度が低くなっています。

この2つのイオンの濃度がバランスよく保たれることで、細胞内外の体液が保たれます。

がしかし、もし何ならからの影響で、細胞外のナトリウムイオンが上昇した場合、浸透圧の影響により、細胞内から細胞外へ体液が移動していきます。

この細胞外の水分量が異常に増えた場合、体液がリンパ管外や血管に染み出し過剰貯留している状態を「むくみ」と呼んでいます。

原因のナトリウムイオンは塩分として主に摂取することが多く、塩分の過剰摂取がむくみに繋がるといわれている理由が

先ほどの、細胞外のナトリウムイオン濃度が上昇した結果だったんです!

なので、本題の「むくみの解消」は逆に細胞外のナトリウムイオン濃度を低下させれば、過剰な体液は尿となり排出され、水分量が適切な状態に戻るのでむくみは解消されます。

そのナトリウムイオンの量を減らす方法としてあげられるのが、体内のカリウムイオンの濃度を上昇させる方法です。

前述のとおり、本来ナトリウムイオンとカリウムイオンはバランスよく保たれているので、通常増えたナトリウムを排出する際、同時にカリウムも排出されてしまいます。

しかしその際、ナトリウムが過剰に摂取されている場合、排出の際のカリウム消費量が増えるので、結果的にカリウムが体内の中で不足してしまい、先ほどの

ナトリウムイオンの濃度の上昇につながり、異常に体液を貯留してしまいます。つまり、むくみの解消には「カリウム」の摂取が必要ということになります。

そのカリウムを手軽に摂取できるのが、ミネラルウォーターです。なので、水を飲む事がむくみの解消に繋がることは間違ってはいません。

が、ミネラルウォーターであれば何でもいいわけではなく、軟水の水はミネラルの含有量が少なく、むくみの解消につながるどころか、軟水の過剰摂取は

逆に、体内の水分量が増加してしまいむくみの原因になりかねないので、本末転倒になってしまいます。

後述で、それぞれのタイミングに合った、水を紹介しているので、むくみ解消を考えている人はぜひ参考にしてみてください!

【3】血液がサラサラに

血液の水分量は約80%もあるため、水と血液の関係は非常に深く、さらに水は血液の濃度が薄くなったり、濃くなったり変動するのを正常に保つ働きをしています。

水不足が原因で血管が詰まる病気には、心筋梗塞や脳梗塞などの病気があります。

血管が詰まる原因は、体内の水分が適度に保たれていない場合に血液中の水分が減り、血液濃度が高くなるため血管の詰まりに繋がってしまいます。

特に、脳梗塞などは早朝から午前中にかけて発症してしまう人が多い理由は、睡眠中に水分補給はできないため、午前4時から8時にかけて血液の濃度が高くなりやすいからといわれています。

自分の体に血栓の心配がある人は特に、睡眠前や朝起きてすぐに水を飲むように心がけることで改善につながりやすくなります。

水を飲む事で自分の血液濃度を正常に保つことができるので、水を飲む習慣をつけ自分の血液をサラサラの状態にしましょう!

【4】緊張、イライラの解消

緊張やイライラなど、ストレスの原因で寝付けない際に水を飲む事で、気持ちが落ち着くことは科学的に証明されていて

睡眠に入る30分から1時間前に水を飲むことで、脳に上がってしまう血液を胃腸に引き下げ、精神を安定させる効果があります。

さらに水には別の効果もあり、温泉やプールなどがその代表で、筋肉の緊張をほぐし、全身を芯からリラックスさせる効果があります。

自分のストレスを和らげる方法としても、すぐに実践できるものなので一度試してみてください。

【5】体内老廃物のデトックス効果

生活していく中で、人間の体内には老廃物から大気汚染物質、食品添加物などの有害物質が蓄積されていきます。

その有害物質を体内に留めないためにも、常に体液循環を活発にして体内をクリーンな状態に保つことが大切になります。

そして体液循環により、有害物質を排泄する働きに必要なのが水で、老廃物などの有害物質が体にたまることで、基礎代謝の低下につながります。

特に老化により、肝臓の機能が衰えると、尿の中に老廃物などのゴミを十分に溶かし出せなくなり、蓄積につながりやすくなりますが

水を飲む回数が増えれば、自然と尿をする回数も増えていくので、溶け出し切らなかったごみの排泄することができます。

習慣として水を飲む事を続けられれば、デトックス効果もあらわれるので、若いうちから習慣を付けることをおすすめします!

水道水と市販水

ここまで、水を飲むことの大切さを書いてきましたが、一番身近にある水といえば「水道水」があります。

しかし、水道水にはいろいろな意見があり、大袈裟な広告だと「水道水は危険」とまで煽っているものまでありますが、実際に水道水と市販水の違いは大きく〇つ。

・安全基準の違い

・種類が豊富

・水ごとの得意分野

現に私自身、水道水に対して誤解している部分もあり、特に水ごとの得意分野は意外な事実もあるので、ぜひ参考にしてみてください!

安全基準の違い

水道水と市販水の基準

そもそも水道水と市販水では、要求されている検査項目の数が大きく異なっており、基準値も水道水のほうが厳しく設定されているものもあります。

水道水の安全基準は、水道法で定められており、水道法で定められている項目は

成分基準値や細菌の有無など51項目あり、それらの項目をすべてクリアした場合ようやく家庭に水道水として届けられています。

それに対し、市販水の安全基準は食品衛生法で定められており、項目数も除菌・殺菌工程ありの場合39項目、ない場合は14項目と水道水の項目数より大幅に少なくなっています。

さらに定められている基準値の一部は、市販水のほうが水道水より緩やかに設定されている場合もあります。

しかし、日本の「水」に対する安全基準値は世界でもトップクラスに厳しく設定されているため、水道水・市販水ともに「安全」であることは基本的に間違いないでしょう。

水道水が危険と言われている理由

水道水が危険といわれる理由の一つで、よく挙げられているのが、水道水を届ける水道管に含まれている「鉛」が原因と言われますが

これも多くの誤解があり、鉛は市販水の方が検査項目の基準値が緩く設定されているので、水道水より鉛が多く含まれている危険があります。

さらに今現在では、水道管も鉛管などはほとんど撤去され新しく取り換えられているので、鉛管が使用されている水道は、ほぼゼロに等しくなっています。

もし鉛管がまだ使用されていたとしても、経年劣化により漏水などの被害につながっている可能性が高いので、取り換えが行われているでしょう。

なので戸建てなど直接水道管から水を引いている場合、水道水の水質に対して心配する必要はほとんどありません。

水道水が本当に危険な場合は集合住宅

前述した通り基本水道管から直接、水を引いている場合、安全性は非常に高いですが、集合住宅の場合は水道管から一度貯水タンクなどを経由しています。

基本的に、各戸に繋がるまでの貯水タンクなどは、建物の持主の管理になっているので

貯水タンクの清掃を怠り、水道水に雑菌が繁殖したり、配管が老朽化し鉄管などが使用されている建物は、水道水に赤さびが混じっているなどの問題も珍しくありませんでした。

今現在でも、一見リフォームされていて綺麗なアパートやマンションも、配管自体は以前のまま使われていて、配管内がサビだらけの場合もあったりするので要注意です。

今住んでいる、アパートやマンションの水道水がどうしても気になる方は、簡単な浄水器などを設置して、味や臭い、濁りなどを除去してみてはいかがでしょうか!

種類が豊富

市販水が水道水との違いでわかりやすいのは、この種類の豊富さで違いも、味や成分、硬度や取水する場所によって変わるなど種類に幅があります。

有名なもので言えば、ミネラルウォーターです。

ミネラルウォーターは食品衛生法で「水のみを原料とする清涼飲料水」と定義付けられており、枠としてミネラルウォーター類の一種になります。

ミネラルウォーター類には4つの分類があり、それぞれ成分と人工的処理の程度によって分けられています。

ミネラルウォーター類

1、ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された、地下の水を原水とし、ろ過、沈殿、加熱雑菌以外の化学的・物理的処理が施されていない水を言い、ナチュラルウォーターはミネラル成分を含有していない場合もある水です。

2、ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターの中で、ミネラル成分が溶け込んでいるものを、ナチュラルミネラルウォーターと呼び、そのミネラル成分も地中の鉱物など自然由来の成分を含んだものに限られます。

よく言われる「天然水」に当てはまるのがナチュラルウォーター(ナチュラルミネラルウォーター)です。

3、ミネラルウォーター

天然水などのナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターを人工的に調整した水、もしくは何種類かのナチュラルミネラルウォーターを混合した水を、ミネラルウォーターと呼んでいます。

その他にも、沈殿、ろ過、紫外線殺菌やオゾン殺菌、水への空気の混入など調整が行われる場合もあります。

4、ボトルドウォーター

河川の表層水、蒸留水など、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外で飲水できる水の総称をボトルドウォーターと言います。

例えば、水道水も「福岡水」のような形で市販した場合は、ボトルドウォーターとして扱われます。

水ごとの得意分野

水道水とミネラルウォーターで色々ご説明しましたが、ここからは水道水とミネラルウォーターのそれぞれの「良さ」についてまとめていきます。

味に関しては水道水よりミネラルウォーターに軍配上がります。

決定的な理由としては、水道水には消毒のために塩素が含まれているからです。

もちろん人体に影響が出ず、安全を保つために必要な量しか含まれていませんが、塩素の臭いは多少してしまうので、敏感な人ほどミネラルウォーターのほうが水道水より、美味しく感じるでしょう。

さらに、ミネラルウォーターはミネラルの含有バランスによって味が微妙に変化していくので、硬度や原水を比較して、自分好みの水などを探したりもできるので、そういった点も含めて

味に関しては、ミネラルウォーターに軍配が上がります。

値段

値段は言うまでもなく水道水は、水道をひねれば水が出るので、コストパフォーマンスは断然水道水でしょう。

500MLの市販されているミネラルウォーターはだいだい100円前後で販売されていますが、水道水も同じ量で換算するとおよそ500MLで0.1円です。

値段の違いで言うと水道水はミネラルウォーターの1000分の1程度なので、圧倒的に安いのは水道水です。

料理

料理には断然、ミネラルウォーターが適しています。理由は先ほど「味」でご説明した塩素臭が原因で、ミネラルウォーターの場合、水道水に比べて、食材の素材の香り・味を邪魔することがないので

そのものを引き立てると同時に、軟水・硬水を使い分けることで、料理の風味をさらに引き立てることができます。

詳しい硬水と軟水のメリット、デメリットは下記の硬水と軟水の違いでまとめていますので是非参考にしてみてください!

氷にはミネラルウォーターより水道水のほうが適しています。

この理由は先ほどの「味」「料理」と同じ塩素が関係していますが、今回は逆にこの塩素が含まれているため、冷凍庫に入れていても腐る心配がありません。

それだけでなく、製氷機自体を塩素消毒し、綺麗にしてくれる効果すらあります。

逆に塩素の含まれていないミネラルウォーターで氷を作った場合、製氷機にそのまま氷を放置していると、雑菌が繁殖する可能性も十分にあります。

さらに、硬度の高いミネラルウォーターで氷作った場合、ミネラル成分が固まり、製氷機のホースを詰まらせてしまう恐れもあるので

氷を作る場合に適しているのは、水道水といえるでしょう。

うがい

うがいには水道水がミネラルウォーターより適しています。

これは、京都大学の研究結果として、水道水を使ったうがいは、うがいを何もしない場合に比べて風邪の発症率が40%減少するということを発表しており

理由としては、水道水に含有されている「塩素」の消毒効果が影響していると考えられているため、塩素の含まれていないミネラルウォーターより

消毒効果の見込める水道水の方が、うがいには適しているといえるでしょう。

硬水と軟水の違い

前述で、水道水と市販水の違いをご説明しましたが、原水や添加物の有無の違いの他に「水」には硬度の違いもあります。

硬度とは、水の中に溶けているマグネシウム塩・カルシウム塩の含有量の度合いをあらわしており

硬度により軟水と硬水に別れ、軟水は硬度が1Lあたり100mg未満で、マグネシウムやカルシウムが少なく口当たりが軽いので、軟水の水は飲みやすいといわれています。

一方硬水は硬度が1Lあたり3000mg以上で、マグネシウムやカルシウムを多く含んでいるため、飲みごたえもしっかりしています。

さらに、その間の水を中硬水と呼んでおり、色々な要素に合わせて使いわせる事が出来るので、気になる方は後述で

用途事に使える水の種類をご紹介していますので、ぜひ見てみてください!

ただ日本の水道水にも軟水と硬水はありますが、日本国内の水道は兵庫県西宮市の「宮水」というエリアを除いてほとんどが軟水のため

慣れ親しんでいない人には、硬水の水は不思議な感じがするかもしれません(笑)

さらに軟水と硬水には、それぞれメリットデメリットもあります。

軟水

メリット

・料理

軟水には基本臭いがなく無味無臭のため、素材を生かした繊細な料理などには最適です。

・幼児

マグネシウムの含有量が少ない軟水は、お腹に優しいため、小さな子供から赤ちゃんにまで安心して飲水させることができます。

・飲水

日本の水道水が、軟水であると同時にほとんどの人が軟水を飲んで生活してきているので、人によっては極端に硬水が合わない人もいるので、生活水としては軟水の方が良いでしょう。

デメリット

・予防効果

ミネラルにはむくみや便秘解消、筋肉痙攣の要望効果などがありますが、不足しがちなカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが少ない軟水では、それらの予防効果は薄いです。

硬水

メリット

・便秘解消

硬水にはマグネシウムが多く含まれており、そのマグネシウムは体の消化器官などに影響を与え、便通をよくする効果が見込まれます。

便秘気味の人やダイエットをしている人に好んで好まれているのが硬水です。

・料理

マグネシウムやカルシウムなどの含有量が多く含まれている硬水は無味無臭ではないですが、硬水には煮込む際にアクを出しやすくしたり、肉の臭み消す効果が見込まれますが和食などで言われる旨味成分のアミノ酸も同時に出しやすくするため、繊細は和食ではなく味付けが濃い洋風の煮込み料理などに適しているといわれています。

・健康予防

前述通り硬水には、ミネラルが多く含まれているので血液をサラサラにする効果があると言われているので、血液サラサラが動脈硬化を予防する事に直結するので

脳梗塞や心筋梗塞などの予防に繋がりやすくなるといわれています。

デメリット

・結石のリスク

肝臓機能が弱い人が、硬水を多量に摂取した場合、硬水に含まれているカルシウムをろ過しきれず、結石のリスクが高くなりやすくなりますので、自分の体に合わせて飲水しましょう。

・腹痛

メリットで前述した、便通がよくなりやすい硬水ですが同時に、便秘ではない人も含めて過剰摂取した場合、お腹が緩くなりやすくなるので飲みすぎは厳禁です。(笑)

・料理

これもメリットで前述した裏返しで、マグネシウムに独特な香りがあるため、繊細な料理には適しておらず、紅茶や珈琲、お茶など香りを楽しむ飲み物を作る際にも適していません。

原水や添加物の違い、さらに硬度によっても水の味わいは大きく変わるので、自分有った水を見つけられるのも市販水の面白さです!

 

様々な用途に合った水17選!

水についていろいろ前述しましたが、水を使う用途は様々な場面でありますので

ここでは、用途ごとに適しているといわれている水をご紹介します。

今と違ったものや、新しい物を試したいと考えている方は是非参考にしてみてください!

料理ごとに適した水

炊飯

炊飯に適した水は「軟水」で、硬度は0~60mg/Lがおすすめです。

お米を炊く際に硬水の水で炊いてしまうと、お米そのものをカルシウムが固くしてしまい

ふっくら炊けなくなるので、炊飯時は硬水より軟水が適しています。

炊飯には下記の水がおすすめです。

1、天然水 ピュアの森

ピラフ、パエリア、チャーハン

これらの料理を調理する際、用意するお米の炊飯で多くの人が求める「パラパラ感」を出してくれるのが

「中硬水」で、硬度は60?120mg/Lがそれに当たります。

先ほどの炊飯の否定理由が今回は肯定理由になっており、水分含有量が少ないのでべちゃ付くことがなく、パラパラ感をだす事が出来ます。

この料理の際におすすめの水はこちらになります。

1、大雪旭岳源水


2、竜宮伝説

パスタを茹でる

パスタを茹でる際におすすめな硬度は、60mg/L?180㎎/Lになっており

種類としては、中硬水~硬水の間になります。

おすすめな理由としては、パスタを茹でる際にカルシウムとでんぷん質が結合することにより

麺にコシが出るので、お店で出てくるような麺に茹でる事が出来ます。

特別な日にパスタを作る際にはおすすめかもしれませんね(笑)

1、霧島天然水 美いね!

2、龍泉洞の水

出汁を取る

こちらは意外と有名かもしれませんが、出汁と取る際に有効な水は「軟水」です。

硬度も0~60mg/Lが推奨されています。

理由としては、硬水の場合カルシウムやマグネシウムが旨味成分(グルタミン酸)と結合してしまい

灰汁を出すので、なるべくだしを取る際は軟水で硬度の低いものにしましょう。

1、天然水 ピュアの森

お茶

お茶には軟水が合っていると言われますが、あまりに硬度が低すぎると

お茶本体の香りが出にくくなり、逆に硬度が高すぎても、タンニン(カテキン)が出にくくなり、お茶が持っている

殺菌作用や抗酸化作用などの効果が薄くなるので、硬度が高すぎるのもよくありません。

そんなお茶を入れる際におすすめの硬度は、40~100mg/L程が適しています。

良いお茶を買ったりした際は試してみるのもいいかもしれません!

 

1、キリン ボルヴィック

2、大師の水

コーヒー

コーヒーは正直どちらがいい!というより好みによって分かれていくという形になります。

硬水で淹れた場合、苦みが出やすくなり、軟水の場合だと、渋みや酸味が出やすくなります。

どちらも淹れて飲んでみて、自分に合う水を選択するのが一番おすすめです!

1、コントレックス



スポーツの際に適した水

スポーツ時に適したものとして有名な水は「水素水」があります。

水素自体の効果として、素早く体内にいきわたり活性酸素を除去してくれるので

疲労の原因に直でアプローチする事が出来ます。

さらに水素水は、運動前に摂取することで疲労感の予防ができるので

アスリートとしてぎりぎりの勝負に精神をすり減らしている人には、抜群におすすめなアイテムになります。

1、浸みわたる水素水

2、日田天領水

水素水の常用を考えている方は、水素水生成器もおすすめなので

気になる方は下記の記事を見てみてください!

水素水生成器←記事予定

健康におすすめの水

ミネラルウォーターは基礎代謝の向上効果が見込めるので、健康の第一歩に繋がります。

普段あまり市販水を飲まない方は、どの水でもいいので市販のミネラルウォーターに変えるだけで

少しづつ効果を実感できるので、健康面を少しでも改善していきたいと考えている方は

試してみるのもいいかもしれません!

1、クリスタルガイザー

2、奥大山の天然水

災害時の緊急用の水

緊急時に水は欠かせない生命線になります。

しかし、市販されている通常の水の場合だと、大体賞味期限が12か月ほどです。

もちろん水なので腐るということはないのですが、長期保存を目的として作られていないので

変色してしまったり、お腹を下す可能性もあります。

そこで今注目されているのが、災害時などの緊急時に適した「保存水」で

通常の市販水と違い、さらに厳しい殺菌工程を経ているのでより安全に飲む事が出来ます。

もちろんその分費用も少し割高ですが、緊急時の際の対策と考えればおすすめな商品だと言えます。

1、非常災害備蓄用 保存水

2、7年保存水

ここ以外でもさらに詳しく保存水のおすすめランキングもご紹介しているので

災害用の保存水が気になる方は是非読んでください!

「保存水の記事」

コスパ最高の市販ミネラルウォーター

ここで紹介するのは、単純にコスパに優れたミネラルウォーターです。

とにかく安く済ませたい!と考えてらっしゃる方は以下の商品はおすすめです。

1、キリン アルカリイオンの水

2、クリスタルガイザー

子供に適したミネラルウォーター

1、関市洞戸の名水・高賀の森水

非常に柔らかく仕上げられた軟水で、特に赤ちゃんのミルク用で使う人が多い商品です。

ただ自分の常用水としては少し値段が高いので、赤ちゃんのミルク用や

何か特別なものとして使うのであれば、こちらの商品はおすすめです。

軟水の中でも特に柔らかい飲み口の水を探している方は是非!

まとめ

今回は色々な水の種類や、飲む事で得られる効果、水道水の違いなど

ご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

もちろん市販水を買わずに、浄水器を買うのもありですし、色々な選択肢があるので

しっかり考えて「自分に合う」一番いい選択をしましょう!

さらに下記の記事では浄水器の設置効果もご紹介しているので気になる方は是非!

【初知り】浄水器の設置効果!さらに厳選浄水器5選