【コスパ最高】TEIJIN&Niceday敷き布団の「良い口コミ」&「悪い評判」を集めてみた

生活雑貨

超大手のTEIJINと寝具専門会社のNicedayが共同開発した「高機能かつリーズナブル」がキャッチフレーズの敷き布団。

厚さ10㎝で寝心地が良く、値段も非常に安いのですが、敷き布団で良く検索されているのが「洗濯」。

その小さな悩みにフォーカスし「洗いやすくて寝心地の良い敷き布団」を低価格で実現させており、まさに口コミでも「値段以上」と言われ、Amazonでとんでもなく売れている商品です。

しかし、その口コミ、評価が高すぎて、かえって心配…と感じる人も当然います。

なのでこのページでは、この敷き布団の概要やメリットデメリット、良い口コミ、悪い口コミをご紹介し、合う人、合わない人の条件をヤラセなくしっかりご紹介していきます。

 

TEIJIN&Niceday敷き布団の概要

  • 驚きの低価格
  • 敷き布団の洗濯が可能
  • 後頭部側・首元側の2箇所で高さ調節可能
  • 横向き寝にも安定
  • 自宅で洗濯もOK
  • 医師が進める健康枕
側地 ポリエステル100%(ピーチスキン加工)・
詰めもの
ポリエステル100%(マイティトップ2 50%)
厚さ 10cm(床に直置き/ベッドフレームの上に敷く)
Amazon価格 シングル5,817円(税込)・セミダブル6,911円(税込)・ダブル7,901円(税込)
楽天価格 シングル5,980円(税込)・セミダブル6,980円(税込)・ダブル7,980円(税込)
生産国 日本で企画し、中国で製造
ホワイト・ライトグレー・グレー
サイズ シングル(100×210cm)・セミダブル(120×210cm)・ダブル(140×210cm)

 

TEIJIN&Niceday敷き布団の良い口コミと評判

まずは、SNS上で実際にこの敷き布団の良い口コミ、評判を見ていきましょう。

この敷き布団を実際に使って、良かったという口コミを紹介していきます。

Amazon、楽天など、実際に購入した人のリアルな口コミなので、購入検討の参考にしてみて下さい。

 

寝心地が良いという口コミ

この敷き布団は、値段以上の寝心地があるとの口コミが多く、購入者もそのコスパを信じている人が数多くいます。

実際に購入してみて、「本体は厚みがあり、ふんわりとしている」「体圧分散仕様で、体幹への負担はなく心地良さが勝つ軽さ」などが投稿されていました。

寝心地が良いと評価される理由

 

安い敷き布団と言うと、腰に床が当たる感覚があり、心地よく眠れないと思っている人も多いです。

ですが、TEIJINとNicedayの開発したこの敷き布団は、「洗いやすさ」という点で、三層構造になっているのですが、それにより厚さが10cmにもなっており、ボリューミーでふかふかな具合を実現できています。

 

軽くて暖かいという口コミ

次に多いのが「軽さ」と「暖かい」の口コミ。

そもそも年間を通して使えるように作られているので、流石の商品クオリティと言えますが、実際の口コミでも、厚みも段違いに厚いしその割に軽い。」「冬本番になってからも暖かく快適です」などが投稿されていました。

 

洗いやすくて良いという口コミ

次に多いのが「洗いやすい」との口コミ。

今回の商品の一番の売りは「洗える敷き布団」なので、まさにコメントは狙い通り良い評価を得ているように思えますが、実際の口コミでは「汚れた面だけ洗えるのは本当に最高です」「問題なく洗えました」などが投稿されていました。

洗いやすいと評価される理由

 

この敷き布団の一番の特徴は、上材・中材・下材と三分割する事ができ「汚れた部分だけ洗う」という事が可能なので、利便性は非常に高いです。

また、洗えるのは上材と下材なので、その点はご注意を。

 

TEIJIN&Niceday敷き布団の良い口コミまとめ

TEIJIN&Niceday敷き布団の良い口コミ 評価の理由
寝心地が良いという口コミ 厚さが10cmでボリューミー
軽くて暖かいという口コミ 素材にこだわっている
洗いやすいという口コミ 三層で洗いたい層だけ選択可能
プラワン運営者
実際に使用したユーザからの評価は高いですね…

 

目次に戻る▲

TEIJIN&Niceday敷き布団の悪い口コミと評判

ここまで、TEIJIN&Niceday敷き布団の良い口コミを紹介してきましたが、当然口コミの中には、辛口や酷評し、購入したことを後悔したという感想もあります。
※当サイトでは、購入者が後悔しないように、悪い口コミもある場合は同様にご紹介しています。

ですが購入前に悪い口コミを見ると不安になると思いますが、悪い評判や口コミにはそれぞれ誤解も当然含まれています。

TEIJIN&Niceday敷き布団の悪い口コミ 実際
腰痛持ちで横になった途端に腰や背中に激痛 あくまでもリーズナブルな敷き布団…腰痛改善が目的ならNG
評価が高くて怪しい 評判は実際に良い

 

腰痛持ちで横になった途端に腰や背中に激痛という口コミ

口コミの中で、TEIJIN&Niceday敷き布団を使用して、「持病の腰痛が悪化する!」との声を上げている方がいますが、これはさすがに商品側が可愛そうですよね…

あくまでも「低価格」×「洗濯可能」×「寝心地」が、今回の敷き布団のテーマです。

腰痛など体に病を患っている場合は、当然専用の改善マットレスや敷き布団の方が、安心して眠る事が出来ますが、価格は当然高くなります。

値段を安く抑えた上に、腰痛改善まで求めだしたら価格はとんでもない事になります…

TEIJIN&Niceday敷き布団は、安くて寝心地が良くて、洗いやすくマットレスが欲しいという方におすすめの商品という訳ですね!

 

評価が高くて怪しい

これ、私自身も評価が高すぎる商品に関しては、かえって心配になります。

やはり「コスパ」や「クオリティが高い」などの口コミが多すぎると、やらせなど「なんとなく怪しい」と感じてくるのですが、調べてみると、低価格の商品にありがちな「求めすぎ」が悪い口コミに繋がっているケースが、EIJIN&Niceday敷き布団には非常に多かったです。

敷き布団のクオリティ自体は、この値段で考えれば非常によくできている商品です。

極限まで求めすぎれば、当然価格も上がってしまうので、コスパを重要視するなら何の問題もない商品だと思います。

 

TEIJIN&Niceday敷き布団のメリットデメリット

ここまで、良い口コミ・悪い口コミを紹介してきましたが、総合評価としては、メリットは「洗濯可能」で「低価格」で「寝心地が良い」です。

一方で、デメリットを挙げるなら、店舗がないという部分がデメリットですね!

メリット デメリット
  • 洗いたい箇所だけ洗濯出来る
  • 低価格だから手頃に買える
  • 敷き布団なのに厚さ10cmで寝心地が良い
  • 実店舗がないので、寝心地を試す事が出来ない

店舗に行って試す事が出来ないですが、この口コミの良さであれば安心して購入できますが、だまされたと思って買っても後悔しない金額なのも安心ですね。

 

合わない人・購入を後悔する人

悪い口コミやデメリットを考慮して考えるに、TEIJIN&Niceday敷き布団が合わない人は、「腰痛改善目的」など、自分の持病の改善が目的で購入を検討している人には、合わない商品だと思います。

また、高年齢の場合、「暖かい」という口コミで購入しても、足りないと感じる場合もあるかと思います。

TEIJIN&Niceday敷き布団が合わない人の条件

  • 腰痛など持病改善を目的に購入したい人
  • 70代以上の高年齢で、とても暖かい敷き布団を購入したい人

 

TEIJIN&Niceday敷き布団がおすすめな人

良い口コミ、メリットを考慮して考えるに、TEIJIN&Niceday敷き布団が合う人は、「コスパ重視」や「洗いやすさ」などを検討の要点にしている人には、おすすめの商品だと思います。

また、寝心地もこの価格で考えれば、非常に良い商品だと思います。

TEIJIN&Niceday敷き布団が合う人の条件

  • コスパを重要視して買いたい人
  • 洗いやすい敷き布団を買いたい人

 

他商品との比較

ここでは、敷布団を探している中で、検討されやすい人気の敷き布団を合わせてご紹介していきます。

当然様々な商品を見ながら購入を考えていると思いますので、その中でTEIJIN&Niceday敷き布団の強みをしっかりと確認しましょう。

敷き布団 価格(シングル) 特徴 詳細
TEIJIN&Niceday 5,980円(税込) 高機能&リーズナブル シングル(100×210cm×10cm)
アイリスプラザ 3,708円(税込) 最安値 シングル(100×210cm×10cm)
MyeFoam 6,980円(税込) この価格で肩・首・腰対策 シングル(100×200×4cm)高反発マットレス

他商品との比較してみても、

 

お得に購入する方法

amazonや楽天などの通販サイトで比較すると、価格はシングルは同じでした。

Amazon価格 シングル5,980円(税込)・セミダブル7,184円(税込)・ダブル7,984円(税込)
楽天価格 シングル5,980円(税込)・セミダブル6,980円(税込)・ダブル7,980円(税込)

残念ながら、実店舗で販売はされていないようなので、ネット通販でしか購入は出来ないようです。

シングル以外でお得に買うとしたら、楽天が良いようですね!

 

よくある質問

この敷き布団の会社はどこ?

一部上場企業の帝人株式会社と寝具専門会社の株式会社ナイスデイ Nicedayの共同開発商品。

それぞれのHPも貼っておきます。

帝人株式会社

株式会社ナイスデイ Niceday

社会的な信用もある、有名企業が作っている商品だけあって、信頼度と言う意味で言えばやはり安心できますね。

 

生産国はどこなの?

企画しているのは日本ですが、製造されているのは中国のようです!

 

敷布団のカバーは乾燥機使える?

乾燥機も使えるようです!

 

二つに折って布団干し出来る?

二つに折って干す事は出来るので、安心です。

 

サイズの種類、幅や長さは?

  • シングル(100×210cm)
  • セミダブル(120×210cm)
  • ダブル(140×210cm)

 

洗濯はどうやればいいの?

三層に分かれていますが、洗えるのは上材と下材です。

7kgの洗濯機でも洗えるようなので、安心ですね!

 

素材はどんなものなの?

側地 ポリエステル100%(ピーチスキン加工)・
詰めもの
ポリエステル100%(マイティトップ2 50%)

 

超大手のTEIJINと寝具専門会社のNicedayの敷き布団

  • 驚きの低価格
  • 敷き布団の洗濯が可能
  • 後頭部側・首元側の2箇所で高さ調節可能
  • 横向き寝にも安定
  • 自宅で洗濯もOK
  • 医師が進める健康枕
側地 ポリエステル100%(ピーチスキン加工)・
詰めもの
ポリエステル100%(マイティトップ2 50%)
厚さ 10cm(床に直置き/ベッドフレームの上に敷く)
Amazon価格 シングル5,817円(税込)・セミダブル6,911円(税込)・ダブル7,901円(税込)
楽天価格 シングル5,980円(税込)・セミダブル6,980円(税込)・ダブル7,980円(税込)
生産国 日本で企画し、中国で製造
ホワイト・ライトグレー・グレー
サイズ シングル(100×210cm)・セミダブル(120×210cm)・ダブル(140×210cm)