【必見】売れ筋のおすすめ体重計5選を徹底紹介!

電化製品

ダイエットや健康管理に欠かせないアイテム、体重計。

以前までは「体重のみを量る」事が目的の商品でしたが、今では体重だけでなく基礎代謝や体脂肪率といった

色々な項目を測定する事が出来るので、ますます健康管理には欠かせない商品になっています。

さらに、中にはWi-Fi対応やbluetooth対応と言った

毎日の管理が楽になる機能もあるので、今回はそれを含め売れ筋のおすすめ体重計をご紹介していきますので

気になる方は是非参考にしてみてください!

目次

体重計の種類は色々

体重計の選び方

Wi-Fi対応、bluetooth対応の体重計とは?

当サイトおすすめの体重計

売れ筋抜群の体重計5選

正しい体重計の使い方

体重計の種類は色々

体重計

言わずもがな、誰もが知る「機器の上に乗ることで自分の体重を測定できる」アイテムですが

商品のほとんどは、名前通り体重を図ることに特化しているシンプルな商品が多いです。

また利点として、機能を絞っている分、薄型で軽量のモデルや使いやすさに特化した商品が多く

価格帯も手ごろなものが多いですね!

体脂肪計

体脂肪計は、身体に微弱な電流を流し、体内の脂肪割合を推測して体脂肪率を出しています。

ダイエットやトレーニングをするにしても体内の脂肪割合チェックは欠かせません。

ただ、アナログの体重計でない限り、今の体重計の殆どには体脂肪率を出すことが出来るので

この機能が欠かせないと思う方は、一応チェックしましょう!

体組成計

そもそも「体組成」とは、筋肉、脂肪、水分、骨など体を構成する成分の事を指しており

体組成計はそれらの成分を計測すことが出来ます。

機種によっては、基礎代謝量や筋肉量、内臓脂肪レベルなど、より詳細なデータを出してくれます。

プロのアスリートなどは、トレーニング、食生活からなる体の変化をデータ化し

適切なメニューを作り込んでいくので、パーソナルトレーニングなどでは使用している場合も多くありますね!

体重計の選び方

健康管理

健康管理をする上で大事なことは、飽きずに忘れずに毎日管理を続けられる「手軽さ」です。

どんなに良い物を購入しても、使わなくなってしまってはおしまいなので

コンパクトで置いていても「邪魔」にならない商品や、軽量で薄型タイプの商品であれば

容易に出し入れする事が出来るので、毎日の計測を続けやすくなります。

なので、単純な健康管理の為に購入を考えている人は、体重計の機能性だけで選ぶのでなく

手軽さを第一に考えた方が良いかもしれませんね!

ダイエット

ダイエットを目的として体重計の購入を考えている人は、自分の体重だけでなく体脂肪やBMI、基礎代謝など

自分の身体を詳しく知ることで、より自分に合ったダイエット方法を選択することが出来るので

ある程度機能性の高い商品は、モチベーションアップにも繋がるのでおすすめです。

また、商品の中には「足裏」だけでなく「手」も使って計測するタイプの体重計もあり

より詳しく複数のデータを取っていく事で、ダイエット成果を確認でき、これもまた

大きくモチベーション管理に関わってくるので、何度も挑んでダイエットに失敗している人は

測定項目の多い体重計を選び、自分の成果を可視化して、ダイエット自体を楽しんでみてもいいかもしれませんね!

トレーニング

格闘技やスポーツからパーソナルトレーニングなど、トレーニング用に体重計を購入する人は少なくありません。

これもまた同様に、自分の成果を可視化する事でモチベーションが上がり次なる成果を生み出しやすくなるので

本気でトレーニングに取り組んでいくのであれば、毎日の自分の測定は欠かせません。

商品自体は基本的に、ダイエットで紹介した「機能性」の高い商品で問題ないですが

中には、トレーニングに特化した「筋肉量」を測れるモデルや体重計の中に「アスリートモード」と呼ばれる機能を搭載しているものもあり

通常の体重計では測れない、些細な部分まで測れるものもあるので、特にハードトレーニングを行っている人は

上記のようなタイプの体重計を選ぶ際には参考にしてみてください!

Wi-Fi対応、bluetooth対応の体重計とは?

上記でも説明した様に、体重計を購入して多くの人が「インテリア」になってしまうのは

測定を毎日するのを忘れてしまったり、出し入れが面倒くさくなることが原因ですが

それと同様に、毎日測った後に自分の体重や体脂肪を「記録」するのも正直めんどくさい….

なんて人は結構多いと思います。

そんな方たちの為に颯爽と現れたのが、「スマホ連動機能」を搭載した体重計です。

機能は恐ろしくシンプルで、Wi-Fi接続やBluetooth接続を利用して、第十を測った後に、スマホにそのデータを送信し

各メーカーが開発している専用アプリで簡単に自分のデータがチェックできるという優れ機能….

アプリの中には、アラーム機能で体重計を測ること自体を「教えて」くれたりするので

あ!忘れてた!なんでことがなくなります….

面倒くさがりやの方には「是非」使っていただきたい機能ですね!

当サイトおすすめの体重計

オムロン 体重・体組成計

オムロンの体重・体組成計でお値段からその機能性までとにかくお手頃な商品です。

つい先日…使っていた体重計が壊れてしまったので購入しましたが

兎に角その手軽な価格と日本メーカーという安心感で即買いしてしまいました。

機能も上記の通り、「充実機能」と「スリム」デザインになっており

薄さで言うと….

こんな感じです。(笑)

重さも申し分ない軽量で、特に何の文句もない無難な商品です。

強いて言うならスマホ対応の機能があれば!!と思い後から調べれば

普通にオムロンの商品でもスマホ対応あったので….少しがっがり(笑)

その商品は下記にて紹介していますので、そちらの方が気になった方は是非。

 

売れ筋抜群の体重計5選

オムロン 体重・体組成計 スマホ対応

乗るだけで「誰が」体重を測定しているのかわかる「自動認識機能」や

内体脂肪率から内脂肪レベルまで測れる他に、6歳から体組成を測れる機能美。

またその他に何と言っても今や主流の「スマホ連動機能」。

iPhone、android問わず対応しているOMRON connect(オムロン コネクト)で

測定データをBluetoothで簡単に送信し管理する事が出来ます。

日本メーカーで安心のオムロン株式会社の体重計。

気になる方は是非参考にしてみてください!

タニタ 体組成計 医療分野の技術搭載

医療分野で今主流になっている、低周波と高周波の2つの周波数で体を測定する事で

細胞レベルでその変化や細かい個人差を分析し反映する

最先端テクノロジー「デュアル周波数測定」が導入されており、体脂肪率や筋肉量などを

より高精度に測ることが出来る上に、その筋肉に関する測定もただ「筋肉量」を測るだけでなく

その筋肉の質を点数化する事でより自分の状態を正確にチェックする事が出来ます。

また、判定結果も、緑・黄色・赤の3色でわかりやすく表示され、体の状態が一目でわかる

グラフ表示の機能もあるので、過去の測定から自分の今の状態の変化をすぐに知ることが出来ます。

特にこの商品は、自分の体を作り込んでいるような人に向いており

このデータをもとにトレーニングメニューを細かく変えていく事も出来るので

トレーニングや肉体改造が目的の人にはおすすめな商品です!

エレコム(elecom)

Wi-Fi対応しており、「乗るだけ」でスマホに測定データを自動転送、という圧倒的に「面倒くさがりや」のかたに

向けた最高の機能を兼ね備えたエレコムの万能体重計。

内脂肪レベルの測定も筑波大学と連携し、「体積推定方式」を採用しており、より正確な測定を可能にしているそうです!

また測定項目は7項目あり、主に「ダイエット」や「体重管理」に向けられた機能が多く

測定も50gごとになっており、細かい測定が出来るので、1日ごとの変化を毎日体感する事が出来ます!

肥満改善やダイエットを目的としている人にはおすすめの商品です。

細やかな気遣いもある商品なので、売れ筋体重計のなかでも人気が高さが頷けますね!

dretec(ドリテック) 体重計

今回紹介している商品の中では断トツ最安値の体重計。

乗るだけで測定する事が出来、電源操作が要らないので、簡単に体重測定が出来ます。

清潔感のあるガラストップで出来ており、シンプルなつくりの上で軽量の薄型なので

少しの隙間で収納する事も可能です。

もちろん機能性においては今回紹介している体重計には負けてしまいますが

シンプルに体重を測るだけで、購入を検討している人には

逆に無駄がなく、高コスパな商品なので、購入目的が体重測定のみであればおすすめです!

Withings Body + フランス生まれのスマート体重計

Wi-Fi、Bluetooth対応しており、体脂肪、BMI、骨量、体水分率、筋密度を測定する事ができ

自動的にデータを記録していってくれるので、簡単に自己管理が出来てしまいます。

こちらの商品も目的はダイエットや体重管理をする上では非常に

役立つ商品になっているので、怠けてしまう方やスマホで簡単に自己データを見たい方は

オススメの体重計です!

正しい体重計の使い方

タニタ公式ページ

下記のURLで「体重計の正しい使い方」や「測定の適切なタイミング」が

ご紹介されているので、気になる方は是非参考にしてみてください。

https://www.tanita.co.jp/health/detail/38

YOUTUBE

まとめ

今回は体重計についていろいろご紹介していきましたが

気になった項目や自分に合いそうな体重計はありましたでしょうか?

正しい使い方と毎日の計測をしっかりと行っていけば、どの目的でも購入しても

しっかりとその役割を果たしていくと思うので

なるべく自分に合いそうな、体重計を見つけてくださいね!