サイト作成で記事が書けない…そんな悩みありませんか?

サイト作成関連

サイト作成において記事は、検索者が商品の購入やサービスを登録するために必要な情報源です。

もちろん、アクセス数を増やすことも重要ですし、動画や画像を使い検索者を引き付けることも大事ですが

最終的に、サービスの申し込みや商品の購入を決めるのは、サイトの記事の内容によります。

ですので、アフィリエイトをする上で記事は最重要ということになります。

が、始めたばかりで「どんな表現で記事を書けばいいのか」「何を何から書いていけばいいのか」と

記事作成に悩んでいる人は少なくないようです。

なので、今回はアフィリエイトで重要な記事作成についてご紹介していきます。

目次

長文になる場合、段落を忘れずに

 

専門用語、漢字の連続使用はなるべく控える!

 

文章だけの記事はよくない!

 

記事の内容を誰でもわかるようにする

 

自分の自慢ばかり盛り込んだ記事はNG

 

表現は客観的に

 

記事を書く時間がない人は?

 

長文になる場合、段落を忘れずに

皆さんもご経験がおありだと思うのですが、パソコンやスマホなどのモニターで文章を読むと、結構疲れますよね。

文章が読みにくいと、飛ばしてしまう…なんてこと僕もよくあります。

では、検索者がサイトの文章を飛ばされないためにどうすればいいのか?

そこで重要視されてくるのが「段落」なんです。

記事を見た時に、段落が少ないと第一印象で読む気が失せてしまう人もいます。

また、視覚的にサイトのバランスも悪く見えてしまいます。

なので、段落は一定間隔で作るようにするべきですね。

段落は大体4~6行ごとに段落分けしていくのが目安です。

バランスを意識して、見やすい文章体を作っていきましょう。

専門用語、漢字の連続使用はなるべく控える!

これも段落の説明と同じですが、漢字、専門用語が多いととても読みにくくなります。

またそれだけではなく、専門用語、漢字が多いと、「難しくて読みにくい」なんて思わせてしまうことになりますので

漢字、専門用語の多様、連続使用はなるべく控えましょう。

なので、句読点やひらがなを混ぜながら「読みやすさ」を意識して書いていく方がいいですね。

記事の読み手の事を考えながら記事作成をしていくと、また違う発想も生まれてくるので、ぜひお試しください。

文章だけの記事はよくない!

記事を書いていくうえで、重要なのは「読みやすさ」とここまで説明しましたが

どうしても、段落や配慮を心掛けていても、文章だけの記事はとても見にくいです。

なので、文章量が増える場合は関連する画像や、図や表、なければイメージ画像などを

適度に挟んでいくと、全体のバランスだけでなく、視覚情報からその段落の内容を理解しやすくなるので

理解しやすさ、読みやすさという点でもとてもお勧めです。

記事の内容を誰でもわかるようにする

サイト作成をしている本人は、その記事で書いている内容の専門家です。

書いている本人としては、当たり前の「言葉」でも検索者の中には

今日初めてその言葉を知ったという人もいます。

なので、その記事、その内容を今日初めて見たという人でも理解できるように十分配慮して作成していきましょう。

また、その記事を何度か読み返さないと理解できないような文章は必ずやめましょう。

最初に行った「誰でも」は主に中学生レベルでも読めば理解できるよね。といった内容が適切です。

なので、記事を書きを得たら誰かに試読してもらうのも一つの手ですね。

自分の自慢ばかり盛り込んだ記事はNG

これは、本人がそう思っていなくても、読み手がそう理解してしまう場合があるので

十分に書き方に注意する必要があります。

よくそういった記事で見かけるのは、下記のような内容ですね。

この商材を使って私は○○円稼いだ!

アフィリエイトをするなら絶対この○○を使用すべきだ!

私がサイト作成で記事を書く際に一番気を付けているのは、「表現が自慢ぽくないか」です。

サイトに来てくれた人が「また読んでみたい」そう思ってもらうには

「共感」を得ることも大事ですし、あくまで自分の意見だということが大事です。

 

自慢や押しつけがましく書いているつもりがなくても、自分の自信の商品や知識を

紹介していると、ついそうなりがちになる事があります。

なので、記事を書く際は一度誰かに見てもらう事をお勧めします。

 

が、しかし

そもそもなぜ「自慢」みたいな表現になってしまうのか?

多くは、メリットばかりを言いすぎていることにありますね。

特に根拠のない過剰表現は読者に不信感しか与えません。

例えば「弊社のスタッフは世界一親切です。」

と言われても、「誰が言ったの?」「どのくらい親切なの?」と

読者からは疑問と不信感しか抱かせないでしょう。

なので、「弊社は世界一親切な企業を目指しています」「当社スタッフ一同お客様に丁寧な対応を心掛けております」

と、言い切るのでなく、表現を謙虚にすることが大事です。

また、『弊社ではアンケートで90%のお客様から「親切だった」と回答されている』

などのデータと共に表現すると真実味が出るので、おすすめです。

表現は客観的に

先ほども述べましたが、真実味を出すためには「データ」が必要です。

なので「年間相談件数1万件」「販売累計100万個達成」「購入リピート率90%」といった

見てすぐにわかる情報を読者に見せることがとても重要です。

特に「○○の専門資格」「○○で働いていた」などといった文言も効果的です。

例を挙げればきりがありませんが、要は読者に「安心感」を与えられることが重要なんです。

なので、過剰に表現しすぎるのも当然良くないので、適度に情報を添えつつ

謙虚に表現していくことが、記事を書いていくうえで重要なことだと言えますね。

記事を書く時間がない人は?

サイト作成をしていき、アフィリエイトで稼ごうと思い

サイト訪問者数を増やそうと思えば、サイトの更新を続けていくことは絶対条件といえます。

が、初めからアフィリエイト1本で食える人はいないでしょうし

いきなり仕事をやめて…なんてのも無理でしょう。

なので、どれだけ効率的にサイトを更新し続けていけるのかが

重要なポイントになってくるでしょう。

そこで、いま注目を浴びているのが『メイン・サイト・リライター“MSR”』

操作はマウスだけで、文章をリライトすることができる新しい発想のツールです。

最近では、記事作成の代行業者が増えていますが、このツールは

自分で調べた、現在上位のサイトの文章をリライトすることができるので

文章を書くのが苦手な人でも、プロが書いたかのような記事が書けてしまいます。

現在で文言データは147,630語ですが、定期的に更新し続けているので

増々、表現バリエーションが増えていくでしょう。

上記動画で、どんな風にリライトされるか映像で確認してみてください。

また、このツールの利点はこれだけでなく

「言い方や表現の仕方を自分の中に身に着けていくことができる」

ということにあります。

文章表現力が付けば、どんなジャンルでもアフィリエイトすることができるようになるので

そういった意味でも是非お勧めのツールですが

値段が、29,800円と、まぁまぁな値段します笑

なので、余裕が出てきてからとか、どうしても記事作成に時間を割くことができない人は

ツール使用を考えてみるのもおすすめです。