【リピ確実】口コミ抜群のおすすめマッサージオイルを紹介

My Best

家で気軽にリンパマッサージができる「マッサージオイル」ですが、単純にマッサージだけでなく

その保湿力からお肌の乾燥ケアなどの、美容用品としても使える万能商品です。

しかしそんなマッサージオイルですが種類も豊富で値段も質もピンキリ…

なので今回は、自分の体に合ったマッサージオイルを選ぶ際のポイントや正しい使い方と

女性に口コミ人気の高いマッサージオイルをご紹介しますので是非参考にしてください!

目次

種類豊富なマッサージオイル

体の部位で違うマッサージオイル

マッサージオイルを選ぶ際のポイント

長持ちさせる保管方法

当サイトのおすすめマッサージオイル

口コミ評価抜群のマッサージオイル「厳選3選」

むくみ解消に繋がるリンパマッサージ

種類豊富なマッサージオイル

冒頭でご説明したマッサージオイルとはその名の通り、主に肩・二の腕・足・腰などの全身マッサージの際に使用されるオイルですが

肌を保湿する効果もあり、美容目的で使用する方も非常に多くなってきていますが、その種類は多く初めての人からすると

どれを買っていいのかわからない…なんて方も多いので、ここではそのマッサージオイルの種類についてご紹介していきます。

シアバター

アフリカの大高原、サバンナ地帯に自生するシアの木の種子のシアナッツから採れる脂肪分を

シアバターと呼んでいますが、油分にもかかわらず「オイル」ではなく「バター」と

呼ばれている理由はシアバターの特性にあります。

基本シアバターは常温では、固形ですが肌に塗る事で、その体温により溶け出し馴染んでいく事からつけられたとされています。

このシアバターの最大の特徴は「保湿力」で、さらにエイジングケアの効能にも優れている事から、多数のプロの美容家から愛用されています。

アルガンオイル

アルガンオイルは主に抗酸化作用に秀でており、生活習慣病の原因とクローズアップされている

「活性酸素」を除去する効果を期待できると話題になったのがこのアルガンオイルです。

さらにアルガンオイルに含有されているオレイン酸と、天然のビタミンが

美容、美肌に導いてくれると様々な面で期待されています。

オイルの特徴としても、刺激が少なく全身用オイルとして使用する事が出来るものが多く

べたつきも少ないため、初めて購入を考えている方には非常におすすめなオイルですね!

ホホバオイル

ホホバという木の実から抽出したオイルの事を一般的にホホバオイルと呼んでいますが、実は大きく二種類に分けられており

そのオイルを精製した「クリアホホバオイル」と未精製の「ゴールデンホホバオイル」です。

それぞれの特徴はわかりやすく、精製されたクリアホホバオイルは化学培養により香りを抑えたものが多く価格帯は安価なものが多く

逆に未精製のゴールデンホホバオイルは、丁寧に低温圧搾で抽出したオイルなので、ホホバオイルの持つ美容成分を余すことなく含んでいます。

さらにホホバオイル自体、肌質問わず使用できるものが多く、皮膚炎、アトピー、頭皮ケアの改善

また肌の弱い赤ちゃんにも使用できるものもあるので、ベビーマッサージにも使用されるオイルですね。

敏感肌の人には、おすすめなマッサージオイルです!

オリーブオイル

食用オイルとしては、一般家庭に定着してきたオリーブオイルですが

その効果は健康だけにとどまらず、美容オイルとしての効果も非常に注目されています。

特に抗酸化成分を豊富に含んでいるので、活性酸素などから体の参加を防ぎ、生活習慣の予防にも繋がります。

また食用の物との大きな違いは、純度が非常に高いのでべたつかずさらさらとしており、髪や体のどこにでも

使用できるので、全身に安心して使用する事が出来ます。

ただ、食用の物とは似て非なるものになりますので、誤って食用オリーブオイルは使用しないでくださいね(笑)

スクワランオイル

オリーブオイルの中に含まれる、代謝を促進する作用のある「スクワラン」という成分だけを抽出した

植物性のオイルをスクワランオイルと呼んでいます。

このスクワラン、実は元々人の皮脂にも含まれている美容の成分で、ほこりや紫外線、乾燥などからお肌を守ってくれる働きがあるのですが

年々加齢とともにこのスクワランは分泌が減ってしまい、肌が老化へと向かってしまいます。

そこでこのスクワランを直接肌に与えることで、アンチエイジング効果を得る事が出来ます。

使い勝手は、サラッとしたオイルで、浸透力もいいので誰でも気軽に使いこなせるオイルですね!

アーモンドオイル

アンチエイジングや美肌効果があるとネットで評判の高い「アーモンドオイル」ですが

肌へのなじみがよく、髪や顔にも使用できるので幅広く活用されています。

特にビタミンEが多く含有されており、皮膚や髪、爪などの細胞再生にも大いに期待できます。

さらにほかのマッサージオイルに比べ安価なものが多いので、コスパという点では他より魅力的に感じる方も多いかもしれません(笑)

※ちなみに…アーモンドアレルギーの方は使用できないのでご注意を。

グレープシードオイル

米国でブームが起きているグレープシードオイルは、アンチエイジングからボディケア、クレンジング、ヘアケア、美容液…

さらにまつ毛ケアまで出来てしまう超万能オイルで、その中に含有されているポリフェノールとビタミンEの量はなんとオリーブオイルの約二倍。

前述したように、これらの成分は抗酸化作用があり、生活習慣病の予防から老化防止まで幅広い効果が期待できます。

が、このグレープシードオイル、これだけでなく不飽和脂肪酸という成分が含まれており

この不飽和脂肪酸は、血中の中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる効果があり

米国で話題沸騰中なのもうなずけるほどのマッサージオイルですね(笑)

香りもグレープと言っても殆どなく、サラッとした軽い質感で肌に浸透していくので、誰でも簡単に使用できます。

いつもと違ったオイルをお探しの方にはおすすめなマッサージオイルです!

体の部位で違うマッサージオイル

マッサージオイルは全身に使えるものと体や顔、足のパーツなど体の場所によって

使うオイルも変わってくるので、まずマッサージオイルの購入を検討している方は

体のどこの部分にオイルを使うかを決めて購入しましょう。

といっても、初めての購入で悩んでいる方は「お得感」のある全身用オイルの購入がおすすめです!

全身用オイルは、ヘアケアやメイク落としにも使えるコスパ最強のマッサージオイルが多いのですが

逆にボディ用や足用の専用オイルは刺激が強いものが多く、誤って顔に使ってしまうと

人によっては荒れてしまう…なんてことにもなりかねませんので

まずは全身用オイルで効果を実感してから、余裕が出てきたら専用のオイルを買って満喫していきましょう(笑)

マッサージオイルを選ぶ際のポイント

マッサージオイルを購入する際に意識するポイントとして

当サイトがおすすめしているのは以下4つになりますので是非参考にしてください。

目的に合わせて有効成分を決める

マッサージオイルには、仕様目的に応じて、最適な有効成分もあるため

選ぶ際のポイントとして「どうなりたいのか」を考えて選ぶのも一つです。

例えば、むくみ解消や潤い、美白目的など人によってオイルを使う目的は様々だと思いますので

購入で悩んでいる方は、使用する目的を決めていると決めやすくなりますよ!

肌質に合う使用感

実際に使用した際に、肌へのなじみが悪かったり使い心地が悪いと

せっかくのリラックス気分も台無しになります…

なので購入の際に、自分の肌の質を把握して、乾燥肌であれば、少しとろみのあるオイルや

オイリー肌であれば、サッパリめのオイルなど、その人に合ったものはあるので

自分の肌質を考えて購入すれば、長く愛用する事も出来るので

初めての購入の方は、自分の肌がどのタイプか確かめて購入しましょう!

リラックスできる香り

マッサージオイルの中で「香り」は切っても切り離せないリラックス効果に結び付く大事な部分です。

この香りが自分の好みなものでないと、リラックスする事に集中できず萎えてしまうので

自分の好みに合う香りのマッサージオイルを探しましょう!

コストパフォーマンス

毎日とは言わずとも、定期的に使用する方も多いので

やはり基本は、生活に無理なく使い続ける事が出来る価格帯を選びましょう!

逆に勿体ない精神が大きくなりすぎて、使用オイルが少なくなってしまうと

肝心なそのマッサージの際に摩擦が防げず、効果を発揮しにくくなるくらいであれば

満足に使っても無理なく買い続けられるようなオイルの方が結果的には満足できますね。

長持ちさせる保管方法

マッサージオイルは基本使用期限があり、その期間を過ぎてしまうとオイル自体が酸化してしまい

効果がなくなってしまうどころか、逆に使用すること自体が悪影響を及ぼす事もあります。

さらにそのまま使い続けてしまうと、肌の保湿機能の低下など、老化の原因にもなってしまうので

マッサージオイルの使用期限はなるべく守りましょう。

とは言っても忙しい時期が続き、なかなか使用できる暇がない…なんて方には

なるべくオイルの酸化を遅くさせる方法もあるので、実践してみてください。

1、高温多湿、直射日光を避ける。

2、冷蔵庫での保管

※中には冷えることで固まってしまうものもあるので注意

基本は開封したら、早めに使い切る。

ただし、どうしても使い切れない方は上記二点を試してみてください!

せっかく購入したオイルは大事に長く使いたいですよね(笑)

当サイトのおすすめマッサージオイル

当サイトのおすすめでは、私の家内が実際に使用しているオイルをご紹介します(笑)

クナイプビオ オイル

こちらのクナイプビオオイルは、天然成分100%の完全オーガニックオイルで

オリーブオイルやフラワーオイルを使用して出来上がった商品です。

特徴としては、べたつかず、肌に良くなじみ、肌に優しく、その心地の良い使用感に

満足の声は非常に高いオイルの一つです。

さらにこちらのマッサージオイルの人気の理由の中で

ニキビ跡に効果的な点もよく挙げられており、女性の生理前の肌荒れにも効果覿面!

ニキビのケアとして使用される際は、洗顔後にビオオイルを塗った後

化粧水、乳液の順番で使うことがおすすめされています。

私の家内も、マッサージオイルだけでなくボディケアとしても使用するケースが多いので

オイルとしての万能感は非常に高い…と思われる商品ですね(笑)

私も一度使用した際は、心地のいいオレンジの香りとさらさらなオイルは好印象でした(笑)

ビオオイルのまとめサイトでも非常にTwitterなどの口コミ評価も高いので

気になる方は是非一度試してみてくださいね!

 

口コミ評価抜群のマッサージオイル「厳選3選」

バイオイル

ローズマリー油、ラベンダー油、ヒマワリ油、ダイズ油など複数のオイルから構成された「バイオオイル」は

ボディ、フェイスの両方に使用できる万能美容保湿オイルで、なんと世界95ヵ国以上で使用販売されています(笑)

特にその保湿力は、肌の油分をしっかりとなめらかに補っていくので、朝晩の保湿ケアになるだけでなく

傷跡やニキビ跡にも効果があると言われており、使用していく度に傷跡が少しずつ薄くなっていったとの声も非常に多いオイルです。

もちろん、傷が完治していない場合は使用は控えてください(笑)

また、人気の理由の中で「香り」があげられており、その香りはハーブですが

香りが強いわけではなく、ほのかに香る程度なのですが、そのほのかな香りが心地良いと口コミ評価や

@コスメのランキングでも堂々の1位を獲得しています。

保湿ケアと肌の傷後の改善の効果を同時に行えるバイオイル

ハーブの香りに抵抗がないのであれば、是非試してみてはいかがでしょうか!

ホワイトバーチ ボディオイル

100%のオーガニックオイルでグレープフルーツの香りが心地よく、肌の引き締めに適したマッサージオイル。

コムギ胚芽油、アンズ核油、ホホバ種子油の3つの厳選した植物オイルをブレンドして出来上がった

ホワイトバーチボディオイルは、なめらかな質感と高い保湿力を実現しています。

口コミの中では、その香りの虜になる人も多く男性女性ともに好感を持たれると評判。

またベタベタ感もなくそのサラッとなめらかな質感にリピーターも多いみたいですね!

香りの特徴は「グレープフルーツ」でボディの引き締めに特化したオイルをお考えの方にはおすすめな商品です!

使用部位は太もも、腰、ヒップ、足首などになります。

ゴールデンホホバオイル


未精製の天然無添加、ホホバオイル100%なので保湿だけなく、お肌の栄養補給にもなる万能オイル。

全身に使用できるので、フェイスにもボディにも使えるだけでなく、髪を洗った後につける方や皮膚のケアにも使用できます。

もちろんマッサージオイルとしての本来の保湿力も非常に高く

吹き出物やニキビなどの肌トラブルにも大活躍で、アンチエイジング効果も見込めます。

また、日焼け後の炎症も抑え、まさかのアトピーなどのかゆみも抑える….

書けば書くほど怪しい商品に思えるほど、すごすぎる効果を発揮するオイルです(笑)

あまりにネット上の評価も高いので、一度騙されたと思って購入するのもありかもしれませんね(笑)

上記動画で使用方法がご紹介されていますので、騙されてみる決心がついた方は是非試してみてください!

むくみ解消に繋がるリンパマッサージ

リンパマッサージをする際に効果をよく発揮させやすいコツがありますので

マッサージ経験がない方は以下点を参考にして試してみてください。

1、全身を温めた状態で準備

マッサージは全身を温めた状態で行うことで、血行が良い状態になり

リラックス効果のアップ、免疫力のアップと効果が出やすくなります。

温める方法としては、お風呂上がりがおすすめなので

マッサージをする際は、リンパ管を広げよく老廃物が通りやすくして

1回のマッサージの効果を高めましょう!

2、力加減は優しく丁寧に

単に強くマッサージをしてしまっても、摩擦が強くなりかえって肌に負担がかかり

シミやシワの原因にもなりかねません。

また、痛みを感じてしまう事で体のコリがより強くなり、マッサージ効果が弱くなってしまう事もあります。

痛みは痛みでも、リンパの詰まりから発生する痛みと、肌の摩擦から起きる痛みは違うので

リンパの痛みであれば遠慮なく流していきましょう!(笑)

3、水分補給を忘れずに

ほぐれた老廃物は、体の外に出さないでいると逆に体調に悪影響を与えてしまうので

マッサージ後は水分を十分に補給し流れた老廃物を排出しやすくしましょう。

もちろん水分を補給しすぎてしまうとむくみに繋がるので注意しましょう(笑)

おすすめのマッサージ方法解説

上記動画ではマッサージ方法について詳しく解説されているので

気になる方は是非参考にしてください。

まとめ

マッサージオイルについて色々ご紹介しましたが

自分に合うオイル見つけられましたでしょうか!

オイルは保湿だけでなく、様々な効果を期待できるものが多いので

色々なものを使用しながら、自分に合ったオイルを探してください。